G1TC第1次募集 申込み完了!

いよいよ始まった2017年出資馬検討。
所属クラブで先陣を切るのは、今年もG1TC。
所属馬が年々大きな舞台で活躍し始めているのは、会員としては嬉しい限り。
そろそろクラブ初のGIタイトルが欲しいものです。

そんな伸び盛りのクラブのドラフトで指名したのは、以下の2頭。





第1希望は、今年の目玉?であるだろうオルフェーヴル産駒のスキッフル16。
母最高のデキとの噂にかなわぬ好馬体に私も魅了されました。
最高得票となった同馬に低実績で突っ込むのは無謀ではありますが、抽選という僅かな期待に賭けてみました。
大幅に予算オーバーですが、当選して資金繰りに悩んでみたいものです。

第2希望のラバヤデール16は、最終日の今日第1希望が40を超えたとの情報もあり、死に票となってしまいそうです。
5月生まれながらバランス取れたその馬体は、全兄ソロル以上の活躍を夢見れそうではありましたが…
縁はなかったのかもしれません。


番号 募集馬名 父名 性 総数 第1 第2 第3
29 スキッフルの16 オルフェーヴル 牡 116 107 6 3
37 レジネッタの16 ノヴェリスト メス 94 70 16 8
12 レクレドールの16 ハービンジャー メス 91 74 12 5
24 タンタスエルテの16 ハーツクライ 牡 69 62 6 1
36 ニンフⅡの16 ジャスタウェイ メス 54 35 11 8
41 ラバヤデールの16 シンボリクリスエス 牡 49 18 22 9
25 トップモーションの16 ハーツクライ 牡 45 23 14 8
4 ディラローシェの16 オルフェーヴル 牡 39 17 20 2
9 プラージュの16 ノヴェリスト 牡 38 21 13 4
38 アルアマーナの16 ハービンジャー 牡 37 19 12 6
13 ダイナズクラブの16 ゴールドアリュール 牡 34 10 15 9
11 ミリオンウィッシーズの16 ヴィクトワールピサ メス 33 27 6 0
34 アイスドールの16 ロードカナロア メス 28 13 13 2
26 サマーナイトシティの16 ハーツクライ メス 25 9 11 5
28 セレスティアルキャットの16 ハーツクライ メス 23 4 11 8
16 ストレートラブの16 クロフネ 牡 22 4 7 11
33 ラリーズンの16 ロードカナロア 牡 21 2 8 11


募集結果の通知は、6/30(木)の午前10時。
奇跡を信じています!!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

驚きの初勝利!

デビュー後芝とダートを使われ、7着→6着と掴みどころのない戦績であったチャームクォーク。
体質がまだまだひ弱で、乗り出すとスクミや動きの硬さが出てしまうことから、これまで手探りの調整しかできませんでした。
今回は軽めながらコースで併せ馬を消化できたので多少の前進を抱いて迎えた3戦目。

レースでは2着馬に一旦交わされながらも驚異的な粘りと勝負根性で差し返してゴールイン!
「次走の出走権利を取ってくれたらいいな」程度にしか思っていなかった私の薄情な思いを見事に「勝利」という最高の形で裏切ってくれました。



石橋騎手「ありがとうございました。よく差し返してくれましたね。根性があります。レースはスムーズに運ぶことを心がけました。理想は3番手だったのですが、内から出てきた馬の影響もあって4番手からでした。ただ、そこでも慌てないで進めていったんです。3コーナーでは右への張りがあったのですが、事前に聞いていたのもあり落ち着いて対処できました。手応えはまずまずでしたので直線に向いてスッと抜けられればと思っていたんです。しかし、2着馬のほうが結構楽に来て半馬身くらいいったん前へ出られてしまいました。厳しいかと思いましたが、そこからよく盛り返してくれました。僕もその馬に寄せていったのですが、よく歯を食いしばって前へ出てくれましたね。正直、まだ心もとない印象はあり、テンションもギリギリ我慢できているという状況でした。今日はまだ常歩で歩けるときもあったので心が一杯いっぱいになっていることはないのでしょうが、ダクになってしまうところもありました。これが弾けてしまうと余裕がなくなり辛くなりそうですね。気負いから体が硬くなる感触もありますし、心身の余裕がもっと出てきてくれたらまた頑張ってくれるはずです」

大和田師「おめでとうございました。入ってきた時はスクミを見せたりと苦しいところもありましたから悩みましたが、馬のために時間をかけて調整させていただきました。まずまず態勢は整ってきたかなと思えこのレースへ向かいましたが、よく頑張ってくれましたね。脩の話を聞いても外への張りはあるようなのですが、今日はスムーズな競馬をできたことが大きかったと思います。これが揉まれ込む形になっていたら厳しかったかもしれませんからね。それにしても最後はよく差し返してくれました。まだ弱いところが見られる現状でもありますし、長い目で見ながらさらに良くしていけたらと思います。今日は応援いただきありがとうございました」

上位クラスで活躍する2頭の兄達同様3戦目での勝ち上がりとなりました。
まだまだ順風満帆な過程ではない中でのこの結果は嬉しい誤算ですし、今後の伸びシロを考えると楽しみが膨らみます。
この後はしっかりケアをしてもらって、次走に備えてもらいたいと思います。



前週のシャイニングレイの劇的な復活勝利から2週続けての愛馬の勝利。
なかなか微笑んでくれなかった勝利の女神がようやく私のところにもやって来てくれたのかもしれません。
ハナ差での勝利でしたが、大きな大きな数センチとなりました(馬券的にも…)

チャームクォーク初勝利単勝






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

2年5ヶ月ぶりの美酒!!

屈腱炎を患い、長期休養を余儀なくされたシャイニングレイ。
復帰後の2戦は気性面のコントロールが全く効かず、暴走気味での敗戦が続いていました。
余りあるスピードを活かすべく距離を一気に短縮して挑んだ今回の1戦。

結果は、見事1着!!

やや立ち遅れ気味のスタートながら、好枠を利して内の3番手を追走。
1400mの流れでも道中はやはり掛かり気味でした…
それでもこれまでとは違い、暴走という感じはなくしっかりとレースになっていて、直線を向くと前2頭を絶好の手応えで交わし、余力を持ちながら後続の追撃もしのぎ切りました。
まさに能力の違いで完勝といった内容です。



北村友騎手「ここ2走乗せていただいて、乗り味は素晴らしいし、能力がある馬というのは分かっていました。でも、2000mの距離で折り合いを欠いてしまい、うまく導くことができませんでしたから、今日こそはなんとかしなくてはいけないという気持ちでした。距離短縮、最内枠で正直どんな競馬になるか自分でも分からなかったのですが、スタートをうまく出てくれて、その後もなんとかなだめて我慢できたのが良かったです。今日はこの馬の力を発揮させることができてホッとしました。本当にありがとうございました」

脚元に爆弾を抱える馬なのでこの先のことについて大きなことは言えませんが、今日の勝ちっぷりであれば重賞でも十分やれる印象です。
前半の行きっぷりから1200mでもいけそうなので、サマースプリントシリーズを転戦するのも面白いのかもしれません。
何はともあれ、脚元をしっかりケアしてもらってまたターフに戻ってくる日を楽しみに待ちたいと思います。


写真は、お仲間のしきさんから頂きました。

シャイニングレイも久々の勝利でしたが、私stageにとっても出資馬久々の勝利。
昨年12月のビートマッチ以来の勝利ですから、今年初白星になります。
連敗も『46』でストップしました!
この勢いで勝ち星を積み上げていきたいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

高鳴る鼓動

今年に入っても愛馬の勝利にはなかなか恵まれず、ここまで7戦0勝。
しかも人気よりも着順が良かったのが1度きり(11番人気10着)と相変わらず波に乗れない感じです。

そんな中、キャロットCのシャイニングレイが帰厩しました。
屈腱炎を患い、長期間の休養を余儀なくされた同馬。
NF空港→しがらきで慎重かつ丹念に乗り込まれようやくここまで復調してきました。

1月の一時帰厩の際にゲート試験をパスしていますので、今回の帰厩がいよいよ復帰戦に向けての最終調整。
とは言うものの、NFしがらきではハロン15秒を始めたところでしたので具体的なレースはまだまだ先になるのでしょうか。

高野厩舎独特のハードトレに耐えられるのか?再発したりはしないか?不安は絶えませんが、復帰戦のことを想像するだけで今から胸の鼓動が自然と高まります。

屈腱炎明けでの過剰な期待は酷かもしれませんが、あれだけの大器です。
もう一度夢を見させてくれると信じて、もうしばらくその時を待ちたいと思います。

約2年かあ、本当に長かったです。

頑張れ、シャイニングレイ!








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

馬名が決まりました<シルクHC編>

先週のキャロットCに続いてシルクHCでも2歳馬の馬名が決まりました。
残念ながらこちらでも応募した馬名は採用されませんでしたね…

インディチャンプ Indy Champ(ウィルパワー15)
“インディカーの年間王者に輝いた、母親と同名のレーサーにちなんで”

ウィルパワー20170202

キープシークレット Keep Secret(ウーマンシークレット15)
“包み隠す。母名より連想”

ウーマンシークレット20170202

ベルフロレゾン Belle Floraison(ウインフロレゾン15)
“美しく咲く(仏)。競馬で美しい花を咲かせて欲しい。母名より連想”

ウインフロレゾン20170202

ややウィルパワー15は遅れ気味の育成過程ですが、それもごく僅か。
すぐに挽回可能な現状です。
牝馬2頭はすこぶる順調で、馬体のシルエットもかなり好み。
苦手の牝馬の代表馬となって欲しいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

馬名が決まりました

何だかんだで2ヶ月も滞ってたブログの更新。
その間に愛馬たちもいろいろありましたが、勝ち星から見放されているのはいつもの通り。
早く今年初勝利の報告をしたいものです…

昨日、キャロットクラブの明け2歳馬たちの馬名が決まりました。
私が出資をしたトゥザヴィクトリー15は、

トゥザフロンティア To the Frontier

“未来を切り拓く”という意味のようです。
カッコ良く、呼びやすい馬名が付けられてまずは一安心です。

トゥザヴィクトリー15(20170131)

ここまでNF早来での育成も順調ですし、割と早い時期のデビューも期待できるのかもしれません。
過去出資最高額馬、とにかく無事に行って欲しいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

8ヶ月ぶりの勝利の美酒

『長かった』

4月のエルリストンの勝ち星から勝利の女神に長らく見放されていましたが、12/4の中山競馬でビートマッチが見事勝利を飾ってくれました!
8ヶ月ぶりの勝利…実に長いトンネルでした。



レースは後続に4馬身差をつける完勝。
530キロを巨漢馬であることに加え、戦前陣営のトーンがイマイチ上がってこないこともありレース前は半信半疑。
血統的にも府中向きと見ていたので、デビュー戦が中山というのも不安材料でもありました。



しかしレースではそんな不安は皆無。
好スタートからハナを切り、スローペースに持ち込んでの危なげないレース運び。
不安視していたコーナーリングも全く問題なく立ち回ってくれました。

この後は脚元へのケアを兼ねて一息入れるようです。
元々疲れが脚元に現れやすいタイプなだけに、勝って休養に入れるのは非常に大きいです。
復帰は来年2月の府中くらいでしょうか?
今回は現地へ行けなかったので、初対面は少し先になりそうです。



今年はなかなか思うような結果が出ていませんが、この勝利を機に上昇曲線を描いていきたいものです。
少し遠ざかっていたブログも改めて…と言う感じです。

年内ひとつでも勝ち星が重ねられるように愛馬たちには頑張って欲しいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly