スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝き復活

日曜日の中京メインレース重賞のCBC賞に出走したシャイングレイ。
初のスプリント戦ながら、前走の勝ちっぷりから2番人気に指示をされてレースを迎えました。
発送直前には大きな雷と共にスコールのような土砂降りの雨が…
どんなレースになってしまうのか不安に思っていましたが、不安は的中。
前走に続き、スタートで後手。
開幕週で前残りが続いていたこの日の馬場においては、まさに痛恨の出負け。
正直、「終わった」と思いました。

道中は腹をくくって、折り合いを重視しての後方待機。
3-4コーナーでも後方4番手で末脚勝負。

ここからが凄かった。
大外へ進路へ取ると前との差がグングンと縮まるではありませんか。
前で粘る2-3着馬に一瞬にして追いつくとゴール寸前でハナ差交わして入線。

目の覚めるような末脚で見事1着。
2年7ヶ月ぶりの重賞タイトルを手にしました。



レース後は、待ちに待った愛馬との口取り。
土砂降りの中での口取りでしたが、シャイングレイがここに至るまでの苦難を思い起こすとまさに感無量。
感動で涙している出資者の方もいました。
私自身にとってはキャロットC出資馬での初口取り。
それが重賞で実現するとは…喜びがたくさん重なりました。



口取り後は同じ出資者の皆さんと記念撮影や情報交換。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものですね。

この後、シャイニングレイは休養に入り秋には更なる極みを目指すようです。
脚に爆弾を抱えながらの競馬が続くだけに無理をせず頑張って欲しいのは皆が願うところ。
随分遠回りしてしまいましたが、今秋にはGIの晴れ舞台での走りが見てみたいものです。










にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

あの輝きをふたたび…

前走劇的な復活の走りを見せてくれたシャイングレイ。
道中の走りっぷりも考慮に入れて、更に距離を短縮し重賞の舞台に駒を進めてきました。

7.2 CBC賞・芝1200m 〔北村友〕

高野師「今朝はいつもどおり坂路を1本軽く上がってから、2本目に時計を出しています。終い重点の内容でしたが、動きはしっかりしていたと思います。正直大きく変わってきたところがあるわけではないのですが、状態は高いレベルで平行線をキープしていると言っていいでしょう。1400mでも行きたがるぐらいのスピードを持っていますが、1200mの重賞となると短距離のスペシャリストが多く出てきますし、自在性に欠けるタイプでもあるので、どういうレースになるかは正直未知数です。それでも能力は高いので、なんとかいい結果を期待したいですね」

長期休養期間があったとはいえ、ホープフルSの勝ち馬がスプリント重賞に出走するというのは、まさに異例。
その前向き過ぎる気性が良い方へ振れてくれれば、この先大きな楽しみが生まれます。
歴戦のスプリンター達ととどこまで渡り合えるかは、正直やってみるまで分かりません。
しかしながら、シャイニングレイの身体能力をもってすればここも通過点となる可能性も…

明日はそれを信じて現地で応援をしてこようと思っています!








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

2年5ヶ月ぶりの美酒!!

屈腱炎を患い、長期休養を余儀なくされたシャイニングレイ。
復帰後の2戦は気性面のコントロールが全く効かず、暴走気味での敗戦が続いていました。
余りあるスピードを活かすべく距離を一気に短縮して挑んだ今回の1戦。

結果は、見事1着!!

やや立ち遅れ気味のスタートながら、好枠を利して内の3番手を追走。
1400mの流れでも道中はやはり掛かり気味でした…
それでもこれまでとは違い、暴走という感じはなくしっかりとレースになっていて、直線を向くと前2頭を絶好の手応えで交わし、余力を持ちながら後続の追撃もしのぎ切りました。
まさに能力の違いで完勝といった内容です。



北村友騎手「ここ2走乗せていただいて、乗り味は素晴らしいし、能力がある馬というのは分かっていました。でも、2000mの距離で折り合いを欠いてしまい、うまく導くことができませんでしたから、今日こそはなんとかしなくてはいけないという気持ちでした。距離短縮、最内枠で正直どんな競馬になるか自分でも分からなかったのですが、スタートをうまく出てくれて、その後もなんとかなだめて我慢できたのが良かったです。今日はこの馬の力を発揮させることができてホッとしました。本当にありがとうございました」

脚元に爆弾を抱える馬なのでこの先のことについて大きなことは言えませんが、今日の勝ちっぷりであれば重賞でも十分やれる印象です。
前半の行きっぷりから1200mでもいけそうなので、サマースプリントシリーズを転戦するのも面白いのかもしれません。
何はともあれ、脚元をしっかりケアしてもらってまたターフに戻ってくる日を楽しみに待ちたいと思います。


写真は、お仲間のしきさんから頂きました。

シャイニングレイも久々の勝利でしたが、私stageにとっても出資馬久々の勝利。
昨年12月のビートマッチ以来の勝利ですから、今年初白星になります。
連敗も『46』でストップしました!
この勢いで勝ち星を積み上げていきたいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

高鳴る鼓動

今年に入っても愛馬の勝利にはなかなか恵まれず、ここまで7戦0勝。
しかも人気よりも着順が良かったのが1度きり(11番人気10着)と相変わらず波に乗れない感じです。

そんな中、キャロットCのシャイニングレイが帰厩しました。
屈腱炎を患い、長期間の休養を余儀なくされた同馬。
NF空港→しがらきで慎重かつ丹念に乗り込まれようやくここまで復調してきました。

1月の一時帰厩の際にゲート試験をパスしていますので、今回の帰厩がいよいよ復帰戦に向けての最終調整。
とは言うものの、NFしがらきではハロン15秒を始めたところでしたので具体的なレースはまだまだ先になるのでしょうか。

高野厩舎独特のハードトレに耐えられるのか?再発したりはしないか?不安は絶えませんが、復帰戦のことを想像するだけで今から胸の鼓動が自然と高まります。

屈腱炎明けでの過剰な期待は酷かもしれませんが、あれだけの大器です。
もう一度夢を見させてくれると信じて、もうしばらくその時を待ちたいと思います。

約2年かあ、本当に長かったです。

頑張れ、シャイニングレイ!








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

シャイニングレイ日本ダービー断念

皐月賞を左後肢の跛行で出走回避をしたシャイニングレイ。
度重なる検査後も決定的な原因が分からず、NFしがらきで探り探り調整されていました。
軽めの調整ではありましたが、症状の再発が見られないことから大目標への出走は大丈夫だろうと高を括っていました。

が、好事魔多し…

ダービーを目指しての調整が期間的にも厳しいとの判断で放牧へ出されることに決定しました。

担当者「先週から騎乗調教を開始しており、この中間も普通キャンター程度のところを乗っています。まずはここまで無事に乗り込むことができていますが、皐月賞を回避して一頓挫あったことは事実ですし、ここからダービーを目指して再度の立ち上げとなると期間的にも厳しい状況です。これだけの馬を中途半端な状態で使うことはできませんし、仮に使ったとしてもレース後の反動が心配ですから、高野調教師とも相談した結果、ここは一度北海道へ戻してしっかりとリフレッシュさせてあげようということになりました」

昨年末にホープフルSを快勝した時には、同馬の輝く未来を何度も妄想したものでした。
無事にゲートインするまでが競馬…悔しいですがゆっくり療養をして、万全の状態で戻ってきて欲しいものです。

シャイニングレイ(ホープフルS①)





にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。