スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大賞典観戦記

体育日の10/10久々に京都競馬場へ遠征し、ラストインパクトの応援してきました。
口取りの権利は残念ながら落選でしたが、当日は秋晴れの心地良い気候で絶好の競馬日和。
少頭数ながらGI級のメンバーが揃い、場内は大混雑でGIデーさながらのそれのようでした。



宝塚記念以来の競馬となるラストインパクトは10キロ増。
万全の仕上げで挑んだGI後の休養明けだけにこのプラス体重は想定通り。
秋初戦としては良い状態で当日を迎えてくれたと思います。



パドック周回ではイレ込むほどではないものの、若干気負い気味。
爪の具合を考慮し中間から施行されていたエクイロックスについては、当日も同様に施行されていました。



馬場入りは順番が前後したこともあり、ややハラハラしましたが、スムーズに折り合いがついたスムーズな返し馬ができていてホッとしました。
ラチ沿いを走ってきて、その迫力に圧倒されました…(汗)



レースは好スタートを切り、好位からの競馬。
3-4コーナーのコーナーリングの手応えでは、先頭のキタサンブラックを捕えてくれるように見えましたが…
手応えは案外で失速をしてしまいました。

川田騎手「本馬場入場時に元気のいいところを見せていましたが、走りたいという気持ちからくるもので特に問題ありませんでしたし、返し馬ではスッと折り合い良い走りをしていました。ゲート内での雰囲気も良く、今日はスタートを出てくれるだろうと思っていましたが、思った通りしっかりとゲートを出てくれました。隊列も考えていた通りに決まり、できたらキタサンブラックのすぐ後ろでレースがしたかったのですが、ラブリーデイが外から来たので行かせて、そのすぐ後ろで進めました。道中の折り合いも問題なく、リズム良く追走でき、3コーナーでタマモベストプレイに被せられそうになりましたが、あそこでジッとしていては瞬発力勝負の競馬になり分が悪くなると思ったので、張って行きポジションをキープしつつ、4コーナーから直線入り口にかけてラブリーデイに外から蓋をし、あとは前を行くキタサンブラックを捕まえるだけでした。これまでのラストインパクトであれば、直線伸びて前を捉え、半馬身出たところでゴールできるくらいの力はあるはずなのですが、今日は直線に向いてから思ったような伸びが見られませんでした。もしかすると本当に良かった頃と比べると、まだ足りていないのかもしれませんが、それでも休み明けとは言え、追い切りの感触は良く力を出せるデキにはあったと思いますし、相手だって休み明けであることには変わりないですからね。非常にスムーズな競馬ができただけに、敗れてしまったのは残念ですが、力は持っている馬ですから、次走での巻き返しに期待したいですね」



次走は予定通りJCに向かうようです。
知人の間では「もう終わった」という言葉を多く耳にします。
確かに他馬の有力馬の多くも休み明けであった中であれだけスムーズな競馬をして、これだけ負けるとそういう評価は当然なのかもしれません。
しかしながら、昨年も天皇賞(秋)で凡走後にJCで大きな変わり身を見せてくれました。
あの時の感動としてやったりの気分は今も忘れられません(涙止まらなかったなあ…)
今年もそんな世間の評価を一掃するラストインパクトの大激走に期待したいものです!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

宝塚記念観戦記

初の海外遠征で大健闘をしたラストインパクトの国内復帰初戦である宝塚記念の観戦に行ってきました。
今回は幸運にも口取りの権利も持っての現地入りで自然とその足取りも軽やかなものになっていました。





豪華メンバーが集結したこともあり、当日はものすごい人手。
阪神競馬場でのGI現地観戦は初めてだったので、人の多さに圧倒されてしまいました。



気になる馬体重は480キロ。
デビュー以来最低の数値でありましたが、細め感は全くなくしっかり作り込んできたなあという印象でした。
これぞ角居流の真骨頂でしょうか。





仕上がりに太鼓判は推せたものの、結果は7着と惨敗。
どの馬にも言えることですが、今回は馬場コンディションに尽きますね。
苦手の重馬場と荒れたインコースを終始走らされたことで持てる力を発揮することができなかったようです。
好枠引けていただけに良馬場で走らせてあげたかったです…



レースはお仲間さんの出資馬マリアライトが優勝。
ワンツーフィニッシュ本気でしてくれないかなあと期待していたのですが…
出資者の方々、本当におめでとうございました。

ラストインパクト自身は、この後一旦休養に入り、秋競馬に備える形になりそうです。
引退前にこの馬も何とかタイトルを取って欲しいものです。





【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

ドバイ遠征は大健闘の3着

初の海外遠征に挑戦したラストインパクト。
出走したドバイシーマクラシックは9頭立てと少頭数となりましたが、GIタイトルのないラストインパクトはもちろん格下の存在。
昨秋のJC2着のキャリアはありますが、ドゥラメンテとの比較からも惨敗もあり得る挑戦でもありました。

結果は、大健闘の3着。

馬群からジリジリと末脚を伸ばしてキングジョージVI&QESの勝ち馬Postponed、2冠馬ドゥラメンテに迫る脚を見せてくれました。



中山記念後の角居調教師のコメントから先行策もイメージしていましたが、中段後ろからの競馬でしたね。
結果的にもう一列前を取れていればという気持ちもありますが、その分末脚が温存できたという見方もあります。
マジックマン・モレイラ騎手はラストインパクトの持ち味を十分に発揮してくれたのではないでしょうか。

モレイラ騎手「力のある走りをしてくれましたが、今日は前に2頭もっと強い馬がいましたね。良い馬ですし、また乗りたいです」

勝つことができなかったのは残念でしたが、無事に走り切ってくれてホッとしました。
慣れない長距離輸送、環境に適応をしてくれて素晴らしいの一言です。
今は無事に日本へ戻ってきて欲しいという気持ちです。

何度も日本のパドックで見てきた勇姿をドバイの地で見ることができて、胸が熱くなりました。
世界の壁は厚かったですけど、JC2着がフロックでなかったことが証明できて本当に嬉しいです。
ここまで来たら何とかタイトルを取らせてあげたいものです。





陣営コメント追記(2016/3/28)

モレイラ騎手「馬は力を出してくれていると思いますし、凄く強かったです。ただ今日は前に2頭、他に強い馬がいましたね。初めて跨らせていただき、これがこの馬の元々のものなのかもしれませんが、乗っていて少々硬さが気になるところはあったものの、それでここまで走ってくれるのですから大したものですし、もっと強くなると思います。また次も乗せてもらいたいですね」

角居調教師「パドックでも落ち着いて周回できていましたし、良い雰囲気でレースに挑むことができました。位置取りが後ろになって厳しい形になってしまいましたが、ゴールするまでよく伸びていますし、世界トップクラスの評価を受けている馬相手に、しっかりとしたレースはできたと思います。松田先生のところから転厩してきて、うちの厩舎に任せていただいた馬ですし、結果を残していかないといけないと思っていました。今日は勝つことができなかったのは残念ですが、ジャパンカップ2着の力は示すことができたと思いますし、この大きな舞台で強敵相手にラストインパクトのパフォーマンスを見せることはできたと思います」





いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

ラストインパクト ドバイへ

中山記念惜敗の後、経過が観察されていたラストインパクト。
幸い大きなダメージもなかったことから次走が決定しました。

ドバイ・シーマ・クラシック (GⅠ) 芝2410m

遂に英断が下されました。
やはりドバイへ行くんですね!

しかも鞍上には昨夏大ブレイクをしたモレイラ騎手を迎えるようです。
さすが世界の角居の手腕と言ったところでしょうか。

角居調教師「レース後、どれだけダメージが見られるか経過を見ていましたが、今のところ状態は変わりありません。転厩初戦でしたし、どの様な競馬をしてくれるか楽しみにしていましたが、結果的に1800mでは距離が足りない感じがあったものの、手応えを感じるレースをしてくれたと思っています。あれぐらいの位置で競馬をしないことには、海外競馬ではさすがに勝負になりませんし、好位で競馬をしてどこまで対応出来るか試してみました。思いのほかスッと良い位置に取り付けることが出来ましたし、最後は決め手勝負に負けてしまったものの、次走に繋がる競馬は出来ました。今回の競馬を見る限り、海外でも十分通用する力を持っている馬だと改めて実感いたしましたし、ドバイ・メイダン競馬場で行われる「ドバイ・シーマ・クラシック」の招待状が先週届きましたので受諾し、海外挑戦をしたいと思います。鞍上については現在香港で騎乗しているモレイラ騎手で調整を行っていますので、正式に決まり次第ご連絡させていただきます」

中山記念の先行策もドバイでのレースを見越しての作戦であったようです。
“さすが”の一言ですね。

いよいよ愛馬初の海外GI挑戦。
今から胸の高鳴りが止まりません。







出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

中山記念の鞍上はベリー騎手

新天地での初戦中山記念に向け、順調にトレーニングを続けているラストインパクト。
その1戦で手綱を握るのは、なんとF.ベリー!

今年初戦は主戦川田騎手ではなく、外国人騎手を起用してきましたね。
川田騎手はお手馬ラブリーデイとの兼ね合いで今後も路線が被ってしまいます。
先々のことを考え角居調教師はどうお考えなんでしょうかね?
ひとまず無難な!?外国人でという采配でしょうか。

ともあれ、昨年の秋競馬では鞍上の問題でいろいろあった同馬。
鞍上が一流どころに落ち着いて一安心(寧ろ今から武者震いといったところでしょうか…)です。

角居調教師「今朝(17日)、CWコースで追い切りを行いました。直線に入るまで前の馬を追い掛けて直線に入って併走しましたが、追い出しに掛かると相手をスッと抜き去って反応の良い所を見せてくれました。今のところ環境の変化にもしっかり対応していますし、とても扱いやすい馬なので、自厩舎の中ではとても優等生ですね。今朝の追い切りの動きを見る限り、週末と来週の追い切りで出走態勢は整うと思いますので、このまま変わりない様であれば2月28日の中山記念をベリー騎手で向かいたいと思います。まだドバイから招待状は届いていませんが、まずは中山記念に向けて全力で頑張りたいと思います」

海外という景気の良い言葉が並びますが、まずは金鯱賞以来の勝利を掴んで欲しいものです。
転厩初戦何かと楽しみです!

ラストインパクト(20150923)


角居厩舎の公式ブログでラストインパクトの追い切りの模様(騎乗者目線)がアップされていますね。
凄い迫力ですし、こういった新たな試みは素晴らしいですね。

【ラストインパクト追いきり3頭併せ助手目線】
https://www.youtube.com/watch?v=x2VCct5m-zQ





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。