レッドソレイユ僅差の2着

約3ヶ月ぶりの出走となったレッドソレイユ。
帰厩後も陣営からはあまり景気の良いコメントが聞かれず、寧ろ気性面の課題ばかり。
ここまでの戦績を見ても強気になれず、不安の方が大きかった戦前。

しかし、ローカルの若手騎手限定戦らしくメンバーは手薄。
そこにわずかな期待を持って見守ったレース。

大外枠からのスタートながら出は一息。
最後方を追走する予想外の展開。
大敗を覚悟するも直線に入ってからは馬場の良い大外をグイグイ伸びて先頭を捉える勢いで同じ東サラのレッドシェリフに馬体を併せた所がゴール。

写真判定の結果は、ハナ差及ばずの2着。

惜しかった…

しかしながら、ようやくこの馬らしい切れ味を見せてくれて一安心。
気性面で課題が残り、馬体減りも気になる所ですがこのクラスでも十分通用することがようやく証明できました。
このまま続戦してもらって、クラス卒業といきたいものです。







にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト