スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【現地観戦】出遅れがなければ…

久々に東京競馬場で愛馬が2頭出走ということで現地観戦をしてきました。

1Rに出走したディスコルディアは初勝利間近ということで口取りも申し込んで準備万端。

追ってから味がないので戦前逃げの作戦も示唆されている中で最内枠を引けたのは好都合でしたし、直前の雨で脚抜きの良い馬場となったのも…と期待に胸を膨らませてレースを迎えました。

しかしながら、レースでは痛恨の“出遅れ”

秘策を試すまでもなく、The End。
いつも通りの末の甘くなる競馬になってしまいました。

挙句の果てにダートより芝の方が合ってそうと鞍上がコメント。
この先迷走しないと良いのですが…

早く未勝利を脱出して、体を大きくするための放牧に出してあげたいものです。






続いて3Rに出走したレッドサヴァージ。
デビュー戦では入れ込み、馬っ気全開の上にレースでは大出遅れ。
ノーカウントの1戦からの叩き2走目。

パドックに登場したサヴァージは気合乗りこそ薄かったですが、入れ込むこともなく落ち着いて周回できていました。
馬体は毛ヅヤが良く、均整が取れた好馬体。
好勝負できることは見て取れましたが、黄金配合の初ダート。
半信半疑でレースを迎えました。

レースではこれまた痛恨の“出遅れ”

初戦のように後方のまま終わってしまうかとも思いましたが、直線では渋太く末脚を伸ばし6着。
次走への権利は得られませんでしたが、一叩きの効果で前進はしてくれました。

今後レース慣れが見込めれば勝ち上がりは叶いそうです。
ただ馬体を見る限り、サヴァージも芝向きだろうなあと思いました。





このところ愛馬のレースでの出遅れが続いています。
ラストインパクト、アヴニールマルシェ…悩ましいものです。

馬券





にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。