橋口慎介厩舎へ転厩

札幌開催での復帰を目指して、追分LVで立て直しを図っているエルリストン。
近況レポートと共に須貝厩舎から橋口慎介厩舎への転厩が発表されました。

このたび関係者間で協議を行った結果、栗東TC・橋口慎介厩舎への転厩が決定しました。北海道開催での出走を目指し、早い段階から調整を進めてきました。しかし、現状では須貝厩舎の在厩頭数は多く、馬房の調整が難しい状態となっているため、このタイミングで転厩させることにします。会員の皆様には突然のご報告となりましたが、出走機会を増やすため、また本馬の新しい面を引き出しくれることを期待しての判断となります。何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、今後は状態を確認したうえで、新しい環境のもと、札幌後半戦への出走を目指していきます。

良血馬揃いの須貝厩舎においては出走機会に恵まれないというクラブのジャッジ。
40口初勝利をプレゼントしてくれた陣営に見切られたのは寂しい気持ちもありますが、某厩舎のように放置の憂き目を避けてくれた関係者には感謝。

ダービートレーナー2世の手腕は正直未知数ですが、スタッフは父弘次郎師から引き継いでいるとどこかで目にしました。
ワンアンドオンリーなどの活躍馬もそのまま所属していますし、ノーザングループからのサポートもあるようです。
起用騎手も父時代の主戦小牧騎手をはじめ若手のホープ荻野極騎手や岩田騎手など申し分なし。

若手ならではの新しい発想でエルリストンの新味を引き出してもらえたらと思います。
脚元は丈夫ですので、数多くのレースに使って欲しいなあ。


でも、須貝先生の出走前のハグが見れなくなってしまうのは、寂しいなあ…






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
レジまぐ商品の購入はこちら!
スポンサーサイト



G1TC第1次募集 申込み完了!

いよいよ始まった2017年出資馬検討。
所属クラブで先陣を切るのは、今年もG1TC。
所属馬が年々大きな舞台で活躍し始めているのは、会員としては嬉しい限り。
そろそろクラブ初のGIタイトルが欲しいものです。

そんな伸び盛りのクラブのドラフトで指名したのは、以下の2頭。





第1希望は、今年の目玉?であるだろうオルフェーヴル産駒のスキッフル16。
母最高のデキとの噂にかなわぬ好馬体に私も魅了されました。
最高得票となった同馬に低実績で突っ込むのは無謀ではありますが、抽選という僅かな期待に賭けてみました。
大幅に予算オーバーですが、当選して資金繰りに悩んでみたいものです。

第2希望のラバヤデール16は、最終日の今日第1希望が40を超えたとの情報もあり、死に票となってしまいそうです。
5月生まれながらバランス取れたその馬体は、全兄ソロル以上の活躍を夢見れそうではありましたが…
縁はなかったのかもしれません。


番号 募集馬名 父名 性 総数 第1 第2 第3
29 スキッフルの16 オルフェーヴル 牡 116 107 6 3
37 レジネッタの16 ノヴェリスト メス 94 70 16 8
12 レクレドールの16 ハービンジャー メス 91 74 12 5
24 タンタスエルテの16 ハーツクライ 牡 69 62 6 1
36 ニンフⅡの16 ジャスタウェイ メス 54 35 11 8
41 ラバヤデールの16 シンボリクリスエス 牡 49 18 22 9
25 トップモーションの16 ハーツクライ 牡 45 23 14 8
4 ディラローシェの16 オルフェーヴル 牡 39 17 20 2
9 プラージュの16 ノヴェリスト 牡 38 21 13 4
38 アルアマーナの16 ハービンジャー 牡 37 19 12 6
13 ダイナズクラブの16 ゴールドアリュール 牡 34 10 15 9
11 ミリオンウィッシーズの16 ヴィクトワールピサ メス 33 27 6 0
34 アイスドールの16 ロードカナロア メス 28 13 13 2
26 サマーナイトシティの16 ハーツクライ メス 25 9 11 5
28 セレスティアルキャットの16 ハーツクライ メス 23 4 11 8
16 ストレートラブの16 クロフネ 牡 22 4 7 11
33 ラリーズンの16 ロードカナロア 牡 21 2 8 11


募集結果の通知は、6/30(木)の午前10時。
奇跡を信じています!!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

ライバルはあの馬か…

ここ2週間出資馬の出走がありませんでしたが、今週は一気に3頭がスタンバイ。
その中でも最も力が入るのが、G1TCのエルリストン。
すっかり堅実派の善戦マンになりつつありますが、ここは待望の距離延長。
唯一の勝ち星を挙げた阪神コースに変わるのもプラスですね。
鞍上も福永騎手を迎えることができ、その再現をする条件は整いました。

須貝調教師「変則日程で全休明けですが、ここまでしっかりと乗り込んでいますので、サッと追い切りました。いい状態だと思いますし、テンションも落ち着いていますので、ここは期待したいところです」

須貝調教師のコメントも強気で、これは勝ち負けが期待できそうです。

ただ、想定馬の中に初出走ながら経験馬たちをなで斬りしたあのシャケトラの名前が…
鞍上も浜中騎手を予定しているようで、エルリストンの背中をよく知る騎手だけに手強いライバルとなりそうです。



人気は要らないので、勝利が欲しいです!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

G1TC 第1次募集の結果

今年度の1歳馬募集の先陣切って行われた社台ノーザン系クラブの第1次募集の結果が発表されました。
私stageは所属するG1TCにおいて1頭のみに申し込んでその結果を待っていましたが…

落選

アルバートドックの半妹のオルフェーヴル産駒を一択でしたが、80票超えの超絶人気。
実績面で勝負にならないことは明白で、抽選の僅かな希望に賭けてはいましたが…現実は甘くないですね。

G1TC結果

尚、2次募集には参加しない予定。
この後に続く、ロードTOや東京TCに資金を温存するつもりです。
やはり毎年この季節になるとワクワクしますね。







【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

G1TC検討中…

カタログ&DVDが届き約1週間。
その間測尺も発表され、大体の出資候補が絞れてきた感じです。
予算的にディープ産駒は除外して、関西馬を主体に考えています。

・バラダセール15

・アスドゥクール15

・ダークサファイア15

・ゴールデンドックエー15

・フェイドレスシーン15

重賞馬の下にあたるアスドゥクール15とゴールデンドックエー15は人気しそうで私の実績では難しいかもしれません。
ノーザン生産育成のバラダセール15とダークサファイア15も同様でしょうね。
そうなると新種牡馬ロードカナロア産駒のフェイドレスシーン15が現実的になるんでしょうかね?
でも厩舎と値ごろ感で案外人気するかもしれないなあ…

中間発表とツアー行かれた方々の情報見ながら最終決断をする予定です。

この後に続く今年のキャロットCはバツありで挑めますので、ここは気楽な感じでいきたいと思っています!







【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly