スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13戦目での勝ち上がり!

ダートに転向後も安定した成績を収めているレッドクライム。
初勝利を賭けて挑んだ函館3戦目。
相手関係も組みやすくなり、ゲートも捌きやすい外枠からの発走。

まさに負けられない1戦。

五分のスタートからレースは中段追走。
心配されたスローペースの団子状態にはならず、クライムには打って付けの流れになりました。
勝負所からは枠の利を活かし、大外から堂々進出。
直線に入ったところで先行馬をまとめて面倒見て、その後は盤石の競馬。

13戦目での悲願の初勝利となりました。



この後は恐らく一息入れてくれるはずです。
古馬になってから良くなってくると見込んで出資を決めた同馬。
タイムリミットがなくなったので、馬優先で成長を促して欲しいものです。








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

相手が悪過ぎですね…

東京TCのレッドクライムが5戦目の未勝利戦に出走することになったので、口取りの権利を頂いて現地観戦。
中京のデビュー戦で初めて見た時からどれくらい成長しているか楽しみにしつつも、休みなく使われている影響がないか期待と不安の中パドックでの周回を見守りました。



馬体重はそのデビュー戦から12キロ減の458キロ。
決して細め感はなく、寧ろ全体的に筋肉のメリハリが効いてきた印象でした。
一方でトモは相変わらず薄めでこの部分は今後の成長待ちでしょう。

気持ちの面では、使ってきている影響かややイレ込み気味。
ただパニックになっているという感じではなく、気合が乗っているというレベルでした。



レースは果敢に先行するもエアスピネルの全弟エアウィンザーに軽く差し切られ惨敗。
レース運び云々と言うよりは、相手が悪かったですね。
ほんとクライムは毎回こういったライバルと当たってしまいますね…

初戦はトリコロールブルー、阪神戦ではリスグラシューとスワーヴリチャード。
どの馬も今後上のクラスに行っても通用する馬ばかり。
運が悪いというか、レース選択が強気なのか…

この後は一旦一息入れるようです。
使い詰めの疲れを癒して、ハーツクライ産駒ならではの成長力に期待したいです。



以下はデビュー戦のパドック。
こうやって並べてみると、筋肉のメリハリ具合がよく分かりまね。








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

減量騎手と距離延長で初勝利を…

デビュー戦から着実にステップアップしているレッドクライム。
晩成型の血統で馬体もまだ緩い印象ながら、本当に頑張ってくれていると思います。

次走は10/1(土)の阪神1800m戦で続戦予定でしたが、今日の追い切りの感触等から10/2(日)の2000m戦にスライドすることになりました。
このジャッジは大歓迎ですね。

助手「今日は芝コースで追い切りました。デビュー前の馬と併せていたので、相手の動きを見ながら誘導する形でしたが、だいぶ息の感じも良くなって楽に動けるようになってきた感じがします。最後は相手が動けず、それに合わせた事もあって、そこまで負荷は掛けられなかったですが、走りは安定していたので心配ないと思います。問題なく順調に来ていますし、飼食いが落ちるようなこともありません。乗り込んできてもテンションは落ち着いていますし、来週は良い状態で使えると思います」

須貝調教師「競馬を使ってきた事で、追い切りでは以前よりも前向きさが出て来たように思いますし、活気もありますね。今日は相手を見ながらの形でしたが、変にストレスを溜めているようなところもなかったと思います。レースの方ですが、当初は来週の阪神芝1800mを予定していましたが、ここ2走の走りや今日の追い切りを見ても、前半はゆったり走らせた方が合うと思いますので、予定を変更して来週日曜の阪神2R(芝2000m)を使いたいと思います。G1デーで上位騎手不在、藤岡騎手にも先約があったので、今回は減量特典のある坂井騎手にお願いしています」

しかしながら、GIデーの裏開催で上位騎手が不在であるため、新人の坂井騎手へ乗り替わりとなるようです。
これまではGIジョッキーたちが手綱を握っていただけに、正直この乗り替わりは不安の方が先行します。
新人の中では最も勝っている騎手なので、心配は無用なのかもですが…
減量特典を存分に発揮できるような騎乗に期待したいものです。

ここはすっきり勝ってもらって、夏場使ってきた疲れを癒す休養に入って欲しいものです。

レッドクライム20160910






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

ハーツクライ産駒初勝利へ

デビュー戦が5着とほろ苦い結果となったレッドクライムが叩き2戦目に挑みます。
前走はスタートで立ち遅れをしてしまい、最後方からの競馬。
道中仕掛けて見せ場を作るも結果的に展開、馬場が合わず惨敗。
最後は、稽古でも見せていたように左にモタれながらの走りでまともに追えない形になってしまいました。

この中間は順調に乗り込まれ、臨戦態勢は申し分なし。
確実に良化を遂げながらの出走となりそうです。

ロスの多い競馬でありながら、大きく負けることがなかったデビュー戦を見ると能力はありそうです。
無難に立ち回ったライバルたちに比べれば、上積みはかなり大きいはずです。

今度こそ持ち味である長くいい脚を使える展開に持ち込んで押し切って欲しいものです。
ハーツクライ向きの馬場であるといいなあ…



これまでレッドクライムを含むハーツクライ産駒の出資馬の勝利数はゼロ。
3頭目にして初めての勝利をもぎ取って欲しい。

頑張れ、レッドクライム!





【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

旅立ち第1号

今朝お仲間さんのブログ更新でびっくり。

デライトポイント14 移動!

16.02.22
(吉澤ステーブル→吉澤ステーブルEAST)
今朝、吉澤ステーブルEASTへ向けて出発しました。


競走馬名も決まっていないこの時期に愛馬が脱北するのは、もちろん初めて。
順調に乗り込まれていただけに移動は早めだろうなとは思っていましたが、ここまでとは…意外でした。

公式ホームページの「スタッフブログ」でも記事にされていましたが、スタッフの方も過去に記憶がないくらいの驚きであったようです。
記事によるとこの後はEASTで長旅の疲れを癒した後にWESTへ移動になる可能性があるようです。
その後無事にトレセン移動となれば、最終目標はひとまずゲート試験合格でしょう。
ゲート試験に合格すれば、一旦北海道へ戻ってデビューに備えるのかもしれませんね。

ここまで順調にいくかは未知数ですが、何れにしても早期デビューは間違いなさそうです。
厩舎の大先輩ゴールドシップも同じような流れで7月の函館でデビューを飾りました。
そんな流れになれば最高ですね!

脱北201602232re





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。