スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年を振り返る

先週の有馬記念で愛馬たちの2015年は終了。

個人的にはいろいろありましたが、全体を通して厳しい1年でした。
昨年15勝を上げた勝ち星も6勝止まりで大幅減。
JC2着という快挙はあったものの、重賞は未勝利。
昨年の4勝が出来過ぎではあったものの、やはりこれは寂しい結果でありました。

2015成績

上半期が大ブレーキ。
1月にウィズレヴェランスが新馬勝ちするもののその後骨折。
ここから歯車が狂い始めました。
クラシックを意識していたシャイニングレイとアヴニールマルシェがまさかの大誤算。
2頭とも楽しみにしていたクラシックに出走すら叶わず、ガッカリ感は半端なかったです。
それ以外の愛馬たちも善戦はするものの勝ちきれない日々が続いてしまい、前半戦はわずか1勝。
厳しい日々でした…

下半期は5勝とやや息を吹き返しました。
レイリオンとクラシックリディアのキャロットクラブ2歳牝馬がともにデビュー勝ち。
苦手の牝馬で結果が出せたのは嬉しかったですね。
9月の条件戦でヴィッセンが快勝した際には、運良く口取りを体験でき、とても良い思い出となりました。
そして下半期最大のクライマックスは、ラストインパクトのJC2着。
興奮と安堵感で足が震えて、涙が止まりませんでしたね。
やっぱり最後はエースのラストインパクトがstage厩舎の窮地を救ってくれた感じです。

そんなこんなで少し悔しさが残る2015年。
来る新年はこの悔しさを発散できるような1年にしたいと思っています。
抱負はまた改めて…


<2015年お疲れさま>
・ヴィルフランシュ(シルク) 未勝利引退
・ディスコルディア(G1) 未勝利引退
・レッドロンメル(東京) 故障引退
・メジャースタイル(シルク) 故障引退
・ロードジェネラル(ロード) 鼻出血引退





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

オーバーペースで殿負け…

阪神JFを除外となり自己条件に出走をしたクラシックリディア。
地元中京での出走に加えて、首尾よく口取りの権利もゲットすることができましたので、現地で応援をしてきました。

初めて生で見るクラシックリディアは馬体重が示す通りコンパクトな印象。
気性面もやや若さを見せていましたが、牝馬だけに許容範囲かなといった感じでした。
さすが良血馬という品のある表情は本当に可愛かったですね。







レースは重たい馬場にもかかわらず前半3Fを並走馬と36秒を切るオーバーペース。
4コーナーを回った時点で手応えがなくなり、ズルズルと後退し、殿負けを喫してしまいました。

石坂師「小柄な馬ですから輸送が鍵ではありましたが、何とかキープしてレースへ臨めましたね。パドックの雰囲気も良く見え、正直ここでは違うはずだし、良い競馬をしてくれるはずというくらいに思っていたんです。しかし…。う~ん…前回のことを考えて前目から運ぶのは確かにわかるのですが、さすがにちょっと行き過ぎたのではないかなと思いますし、雨により緩くなった馬場も堪えたのではないでしょうか。今日はこの馬の力を出せずに終わった印象を受けますが、さすがに厳しい競馬だったので消耗も大きいかもしれませんし、仕切り直すことも考えるかもしれません。また、競馬の仕方も教えていかなければいけないでしょうし、改めたいと思います。期待に応えられずに申し訳ありません」

やはり石坂調教師も“行き過ぎ…”とコメントしていますね。
体調面、精神面での消耗が大きいように思われますので、一旦放牧へ出して仕切り直しとなりそうです。

クラシックに黄信号が点滅です。
信じて復帰戦を待つしかありません…頑張れ!クラシックリディア。





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

キャンセル募集

今年もシルクHCでキャンセル馬の再募集が始まります。
昨年はドラフトルール改変により、あり得ない数のキャンセルが出ていましたが今年は…普通ですね。

今年はこれまで思惑通りの出資が叶ってきただけに気持ちは至って冷静ですが、魅力的なラインナップであることは間違いありません。
できることならば、牡馬を補強できれば理想的です。


ここまで育成過程が順調な人気厩舎のこの馬か…
シーズライクリオ14

久々に牡馬に出た良血&好馬体のこの馬か…
ペンカナプリンセス14


第1次募集で申し込むも抽選で弾かれてしまったこの馬か…
ナスカ14

何れも可能性はゼロに等しいですが、キャロットCのシャイニングレイのようなこともありますし…(笑)
奇跡を信じて申し込んでみようと思っています。





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

興奮と安堵感が交錯したJC観戦

愛馬ラストインパクトが天皇賞(秋)に続いてJCに挑戦するということで現地観戦をしてきました。
残念ながら天皇賞(秋)に続いて口取り権利ゲットとはならなかったのですが、鞍上に世界のR.ムーアを迎えるとあってテンションは最高潮。
前泊までして現地へ乗り込みました。

お目当ての記念グッズは全て購入することができ、レース本番まではのんびり競馬を楽しむ至福の時間。
この1ヶ月仕事で任されていたミッションが一段落したこともあり、十分すぎるくらいの開放感に浸ることができました。

グッズ1

グッズ2

レースは五分のスタート。
道中は中段のインを追走するイメージ通りの展開。
当日はインが有利で外が伸びにくい馬場状態。
直前までに鞍上ムーアは3勝を上げる快進撃を続けており、完全に当日のバイアスを手の内に入れているようでした。



「内が開けばチャンスあるな」

出資者全員がそう思っていたはず。
それを実現させるのが名手と言われる所以。
一瞬開いたインのスペースを見逃さず進路を取ると後は剛腕の見せ所。
内馬場で観戦していた私には、一歩先に抜け出した1番人気ラブリーデイとラストインパクトしか眼中に入ってきませんでした。
脚色は断然ラストインパクトで突き抜ける勢い。

「勝った!!」

と正直思いました。



結果は外から鋭く伸びたショウナンパンドラに首差交わされた2着。

ゴールの瞬間が映し出されたオーロラビジョンを目の当たりにした瞬間は足が震え、腰が抜けそうになりました。
同時に悔しさと安堵感からか涙が…

前走の大敗後は、“もう終わった”という言葉をあちらこちらで耳にして、悔しい思いをたくさんしました。
自分自身も半信半疑でもありましたが、この激走。

ビッグタイトルを逃した悔しさは一生忘れることはないと思いますが、それ以上この馬に巡り合えて良かったという安堵感が込み上げてきました。
本当に頭が下がります。

次走はグランプリ有馬記念。
1年を締めくくるビッグレースで今回つかみ損ねたタイトルを是非ともつかんで欲しいものです。
もちろん次走も現地で熱烈エールを送ってきたいと思っています!





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。