スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレッシングテレサ デビュー勝ち

先週小倉の新馬戦を除外となり、今週の阪神戦に回ってきたブレッシングテレサ。
ローカル開催とは違いメンバーが揃う中央場所の芝中距離の新馬戦。
当然フルゲートのレースとなり、エイシンヒカリの全妹など骨っぽいメンバーが名前を連ねました。

そんな中でブレッシングテレサは2番人気の上位評価。
先週ほぼ仕上がっていただけに今週の最終追い切りは調整程度。
悪くない状態でレースを迎えられたようです。

パドックでは物見をしたり、厩務員さんに甘えたりと子供っぽいところを見せてはいましたが、馬体はトモのラインがしっかり出ていた好馬体。
毛ヅヤも良く具合の良さを感じ取ることができました。

レースは好位からセンスのある競馬で完勝。
1番人気馬がまともに走っていたら…と思うところはありますが、今日のところは完勝でしたね。

藤岡康騎手「ゲートを出てスッと行き脚が付いて楽に好位で競馬をすることが出来ました。道中も掛かるところはありませんでしたし、勝負どころまで全く注文を付ける所がなかったですね。抜け出すと少しフワッと気を抜く所を見せてしまいましたが、気合い付けるとしっかり反応してくれたので、完勝の内容でした。とても良い馬に乗せていただきました」

レース⑤

口取り⑥

道中では落鉄をしてしまったようです。
それでいてあの走りですから、この先への希望が膨らみます。

非業の死で天に召された兄アドマイヤラクティの想いと共にこれからもターフで輝いて欲しいものです。





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

チームマツパク最高です!

いよいよ勇退の最終週となってしまった松田博資調教師。
通算800勝にリーチがかかる中、迎えた今日の阪神10R。

厩舎の主戦川田騎手がラブラバードで決めてくれました!
「何としても勝利を…」という気迫が伝わってくるかのような積極騎乗で見事勇退に花を添えました。

入線後の検量室前からウイナーズ・サークルは関係者の笑顔と涙が溢れていました。


川田騎手 会心のガッツポーズ!


美しすぎる涙。


カッコ良すぎて思わずもらい泣きしてしまいました…


愛弟子高田騎手も男泣き。


先生はというと、いつもと変わらぬ笑顔。

ラブラバードは出資馬ではありませんが、ウイナーズ・サークルでこんなに温かい気持ちになったのは初めてです。
私もラストインパクトで2度口取りをご一緒させて頂きましたが、いつも穏やかな笑顔で我々出資者を迎えて下さるマツパク先生。
あの笑顔は私も忘れることがないと思います。

“チームマツパク”

強くて、カッコ良すぎて、温かい…最高のチームですね。


ありがとうございました!松田博資調教師。






出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

今年初白星で口取りを…

2016年も早いもので間もなく2ヶ月が過ぎようとしています。
愛馬たちは10戦を消化するも未だに白星はゼロ。
そろそろ勝利の美酒を味わいたいものです。

明日は叩き3走目の競馬となるヴィッセンが登場します。
得意の阪神コースで鞍上は相性の良いデムーロ騎手が引き続きの騎乗。
これは自然と力が入ります。

石坂調教師「今朝(24日)、坂路で追い切りました。目立った時計ではありませんが、この馬なりには動いている方ですし、短期放牧明けをひと叩きして状態は上向いています。体調が良いのか、顔を見ると年齢の割にはとても若々しく映り、好感が持てますね。状態が良い時と悪い時の仕草がハッキリわかる馬なので、今回も力は出せる状態だと思いますし、デムーロ騎手とは相性は良いので、スムーズな競馬をしてくれれば勝ち負けしてくれるでしょう」

加えて今回は運良く口取りの権利もゲット。
今年初の現地観戦に阪神競馬場へ出掛けることになりました。

昨年9月には同じようなシチュエーションで口取りをさせてもらいました。
明日も感動を再び…

口取り





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

復帰戦の態勢整う

デビュー2戦の後に立て直しが図られていたエルリストン。
一旦栗東トレセンに復帰するも直後に熱発があり、吉澤ステーブルWESTで再調整をされていたため復帰はここまで時間が掛かってしまいました。
しかし丹念に乗り込まれたこともあり、仕上がりは問題なさそうです。

本日の1週前追い切りは坂路で一杯に追われて、53.2-38.5-24.5-12.2をマーク。
やはり調教動きますね。
さすがデビュー前の調教で重賞2着の僚馬イモータルと互角の走りを演じていただけあります。
先週跨った福永騎手も能力を感じてくれているようですし、本当に楽しみです。

橋本助手「終いいい伸びでしたね。着々と動ける態勢になってきています。確かにうるさい感じはありますが、体調が良くなって元気になってきたということでもあると思います。いまのところ悪さをするようなところはありませんので、このままうまく調整していきたいと考えています」

福永騎手「聞いていたとおり、若干うるさいところは感じましたが、追いきりの動き自体は良かったと思います。手応えも十分でした。レースでも集中して走れれば楽しみです」

やはりこの馬の場合は燃えやすいその気性が鍵なんでしょうね。
その前向きすぎる気性が良い方へ向けば、自ずと結果は付いてくると思います。

40口初勝利まであと少しかな…

エルリストン201602181





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

旅立ち第1号

今朝お仲間さんのブログ更新でびっくり。

デライトポイント14 移動!

16.02.22
(吉澤ステーブル→吉澤ステーブルEAST)
今朝、吉澤ステーブルEASTへ向けて出発しました。


競走馬名も決まっていないこの時期に愛馬が脱北するのは、もちろん初めて。
順調に乗り込まれていただけに移動は早めだろうなとは思っていましたが、ここまでとは…意外でした。

公式ホームページの「スタッフブログ」でも記事にされていましたが、スタッフの方も過去に記憶がないくらいの驚きであったようです。
記事によるとこの後はEASTで長旅の疲れを癒した後にWESTへ移動になる可能性があるようです。
その後無事にトレセン移動となれば、最終目標はひとまずゲート試験合格でしょう。
ゲート試験に合格すれば、一旦北海道へ戻ってデビューに備えるのかもしれませんね。

ここまで順調にいくかは未知数ですが、何れにしても早期デビューは間違いなさそうです。
厩舎の大先輩ゴールドシップも同じような流れで7月の函館でデビューを飾りました。
そんな流れになれば最高ですね!

脱北201602232re





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

雨に翻弄された週末

有力馬が多頭数でスタンバイし、今年初勝利…と息巻いた先週末。
痛恨の『雨男』ぶりを発揮してしまい、またしても勝利を勝ち取ることができませんでした。

ブレッシングテレサ 除外
クラシックリディア 8番人気7着
レッドサヴァージ 9番人気10着
レイリオン 3番人気5着
ポリアフ 9番人気9着

キャロットC2頭の牝馬はともに華奢で軽いスピードタイプ。
天候不良にによる馬場悪化の影響をもろに受けてしまいました。
特にレイリオンは狙い澄ましての小倉遠征だっただけに残念でなりません。

最も勝利に近いと思っていたブレッシングテレサは痛恨の除外。
直前の追い切りで絶好の動きを見せていただけに期待していたのですが…
とはいうものの出走を予定していた小倉の新馬戦は人気馬総崩れの大波乱。
結果論ではありますが、除外されて良かったのかもしれません。
そういった意味では「恵みの雨」なのかもしれませんね…^^;

ブレッシングテレサ(20160220)

今週は叩き3走目で走り頃のヴィッセンと転厩初戦のラストインパクトが出走をします。
加えて、抽選を潜り抜けられれば前述のブレッシングテレサも出走を予定していますね。

今年初勝利に向け、今週も力が入りそうです!





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

キャロットC 競走馬名決定

シルクHCに引き続き、キャロットCの2歳馬も競走馬名が決定しました。
2頭の愛馬も素敵な馬名になり、更に愛着が湧いてきました。

・フェルミオン14
チャームクォーク Charm Quark(フェルミ粒子の中に分類される粒子名。母名、兄名より連想)

兄名にも採用されている『クォーク』が定番化しましたね。
牝馬らしい語感でいい感じです。
馬名だけではなく、競馬でも兄たちに負けない活躍をして欲しいものです。
因みにお知り合いの競馬クラスタさんの採用馬名です。

フェルミオン14(20160129)


・グリッターカーラ14
ステラエスペランサ Stella Esperanza(星+希望。希望の星。母名より連想)

これは牡馬らしいカッコいい馬名に決まりましたね。
由来も素敵でセンスを感じさせます。
近況コメントも『希望』を抱かせるような更新になっていましたし、大きな期待を寄せています。

グリッターカーラ14(20160129)


やや出遅れていたチャームクォークも軌道に乗ってきており、一時期の体調不安は脱したようで一安心です。
ステラエスペランサの方はペースアップにもへこたれず、順調に乗り込まれています。
陣営のコメントも日増しに良くなってきていることから具合の良さをうかがえます。
大きな期待を抱かずにはいられませんし、ひょっとしたら、大化けの可能性も…

2頭ともデビューが待ち遠しいです!





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

中山記念の鞍上はベリー騎手

新天地での初戦中山記念に向け、順調にトレーニングを続けているラストインパクト。
その1戦で手綱を握るのは、なんとF.ベリー!

今年初戦は主戦川田騎手ではなく、外国人騎手を起用してきましたね。
川田騎手はお手馬ラブリーデイとの兼ね合いで今後も路線が被ってしまいます。
先々のことを考え角居調教師はどうお考えなんでしょうかね?
ひとまず無難な!?外国人でという采配でしょうか。

ともあれ、昨年の秋競馬では鞍上の問題でいろいろあった同馬。
鞍上が一流どころに落ち着いて一安心(寧ろ今から武者震いといったところでしょうか…)です。

角居調教師「今朝(17日)、CWコースで追い切りを行いました。直線に入るまで前の馬を追い掛けて直線に入って併走しましたが、追い出しに掛かると相手をスッと抜き去って反応の良い所を見せてくれました。今のところ環境の変化にもしっかり対応していますし、とても扱いやすい馬なので、自厩舎の中ではとても優等生ですね。今朝の追い切りの動きを見る限り、週末と来週の追い切りで出走態勢は整うと思いますので、このまま変わりない様であれば2月28日の中山記念をベリー騎手で向かいたいと思います。まだドバイから招待状は届いていませんが、まずは中山記念に向けて全力で頑張りたいと思います」

海外という景気の良い言葉が並びますが、まずは金鯱賞以来の勝利を掴んで欲しいものです。
転厩初戦何かと楽しみです!

ラストインパクト(20150923)


角居厩舎の公式ブログでラストインパクトの追い切りの模様(騎乗者目線)がアップされていますね。
凄い迫力ですし、こういった新たな試みは素晴らしいですね。

【ラストインパクト追いきり3頭併せ助手目線】
https://www.youtube.com/watch?v=x2VCct5m-zQ





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

シルクHC 競走馬名決定

シルクHCの競走馬名が突然発表されました。
私の愚案はやはり採用されていませんでしたね…

・ブラックエンブレム14
オーロラエンブレム Aurora Emblem(ローマ神話の女神の名+母名の一部)

やっぱり『エンブレム』は欠かせないんですね。
牝馬っぽい雰囲気が出ていい感じですね。

ブラックエンブレム14(20160206)


・パーフェクトマッチ14
ビートマッチ Beat Match(テンポやグルーブをキープするDJテクニック)

意外とシンプル。
牝馬っぽくない感じですが語感が良いですね。
音楽のことは詳しくありませんが…

パーフェクトマッチ14(20160206)

2頭ともなじみやすい良い馬名に決まりました。
多くの人に覚えてもらえるような活躍を期待したいものです。

これまでの育成も順調ですし、デビューが今から楽しみです!





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

ブリンカーの効果に期待

初ブリンカー装着第2弾。
先週のベルフィオーレに続いて今週はもう1頭の“気まぐれ娘”ポリアフがブリンカーを装着してレースに挑みます。
競馬に行くとなかなか集中して走ることができず、自分から止めてしまうレースが続いている近走。
調教ではその効果が感じられるようですので、実戦でもその変わり身に期待したいものです。

吉田師「今週は土曜日に出走予定なので、変則ですが昨日(9日)CWコースで追い切りました。先週に引き続きブリンカーを着用して臨みましたが、調教のレベルでは自分から止める仕草も見せませんでしたし、最後までしっかり走ってくれたので、後は競馬に行ってどれだけ効果が表れるかですね。体調面に関しては体もフックラとして、長距離輸送が堪える様な馬ではありませんし、良い状態で競馬に臨めると思います。実戦に行って気難しい所が出て力を発揮していない現状なので、ブリンカー効果が少しでも出ることを期待しています」

ポリアフ(20160205)

鞍上は未勝利脱出のきっかけを作ってくれた北村友騎手。
ベルフィオーレはブリンカーのおかげで集中して競馬をすることができ、久しぶりの掲示板を確保してくれました。
初ブリンカーと乗り替わりでポリアフもこれまでと違った競馬を見せて欲しいですね。





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。