スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚元の疲れで特別登録見送り

2014年の冬から故障のため長期戦線離脱をしていたフロムドグロワール。
その復帰戦が今週末に迫ったところでアクシデント発生でしょうか。

「脚元に疲れが見られるため、大事を取って今週の特別登録は見送りました。」

まだ故障であると決まった訳ではありませんが、何か嫌な予感がします。
ゲート再試験もパスをしていよいよと思っていた矢先に重すぎる更新。
次の更新は心して見なくてはいけないのかもしれません。

取り越し苦労であれば良いのですが…







いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

ドバイ遠征は大健闘の3着

初の海外遠征に挑戦したラストインパクト。
出走したドバイシーマクラシックは9頭立てと少頭数となりましたが、GIタイトルのないラストインパクトはもちろん格下の存在。
昨秋のJC2着のキャリアはありますが、ドゥラメンテとの比較からも惨敗もあり得る挑戦でもありました。

結果は、大健闘の3着。

馬群からジリジリと末脚を伸ばしてキングジョージVI&QESの勝ち馬Postponed、2冠馬ドゥラメンテに迫る脚を見せてくれました。



中山記念後の角居調教師のコメントから先行策もイメージしていましたが、中段後ろからの競馬でしたね。
結果的にもう一列前を取れていればという気持ちもありますが、その分末脚が温存できたという見方もあります。
マジックマン・モレイラ騎手はラストインパクトの持ち味を十分に発揮してくれたのではないでしょうか。

モレイラ騎手「力のある走りをしてくれましたが、今日は前に2頭もっと強い馬がいましたね。良い馬ですし、また乗りたいです」

勝つことができなかったのは残念でしたが、無事に走り切ってくれてホッとしました。
慣れない長距離輸送、環境に適応をしてくれて素晴らしいの一言です。
今は無事に日本へ戻ってきて欲しいという気持ちです。

何度も日本のパドックで見てきた勇姿をドバイの地で見ることができて、胸が熱くなりました。
世界の壁は厚かったですけど、JC2着がフロックでなかったことが証明できて本当に嬉しいです。
ここまで来たら何とかタイトルを取らせてあげたいものです。





陣営コメント追記(2016/3/28)

モレイラ騎手「馬は力を出してくれていると思いますし、凄く強かったです。ただ今日は前に2頭、他に強い馬がいましたね。初めて跨らせていただき、これがこの馬の元々のものなのかもしれませんが、乗っていて少々硬さが気になるところはあったものの、それでここまで走ってくれるのですから大したものですし、もっと強くなると思います。また次も乗せてもらいたいですね」

角居調教師「パドックでも落ち着いて周回できていましたし、良い雰囲気でレースに挑むことができました。位置取りが後ろになって厳しい形になってしまいましたが、ゴールするまでよく伸びていますし、世界トップクラスの評価を受けている馬相手に、しっかりとしたレースはできたと思います。松田先生のところから転厩してきて、うちの厩舎に任せていただいた馬ですし、結果を残していかないといけないと思っていました。今日は勝つことができなかったのは残念ですが、ジャパンカップ2着の力は示すことができたと思いますし、この大きな舞台で強敵相手にラストインパクトのパフォーマンスを見せることはできたと思います」





いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

メンタル面での成長に期待

19日の条件戦に出走したクラシックリディア。
雨は上がったものの今回も生憎の重馬場。
3戦連続でコンディションには恵まれませんでした。

今回は戸崎騎手に乗り替わりで前走からの前進を期待しましたが…結果は過去ワーストの13着。

戸崎騎手「五分にゲートを出てくれて、出たなりで前々につけました。この距離で折り合いもつきましたし、スムーズに走れていたのですが、コーナーで外に張ってしまって直線に向く時には手応えが怪しくなってしまいました。右回りがどうというより他の馬を気にして逃げている感じで、気持ちの弱いところが出てしまった感じです。いい馬に乗せていただいたのに申し訳ありません」

石坂調教師「直前の追い切りからもかなり状態はいいと見ていたのですが、コーナーで外、外に張ってしまって直線も余力がありませんでした。ちょっと頭を上げている感じもあったし、他の馬を気にしているのは見て取れました。このあたりは使いつつ慣れが必要なのかもしれません。ここまで厩舎でじっくり調整してきましたし、この後は一度放牧に出す予定です」

気持ちが入りやすい気性面での脆さは以前からありましたが、今回は怖がりな一面が出てきてしまったようです。
出していけば引っ掛かるし、抑えると他馬に怯む…う~ん、難しいですね。

一旦放牧へ出してリセット。
NFしがらきの手腕でメンタル面での成長を促して欲しいものです。

追い切りやレースぶりからこのクラスでも通用するスピードは持っているクラシックリディア。
母系からも完成するのはもう少し先であるはずですし、更なる成長を期待して復帰を待ちたいと思います。

クラシックリディア20160319





いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

キャロットC キャンセル募集

3/18にクラブからキャンセル募集の案内がありました。
トゥザヴィクトリー14やシンハリーズ14といった超目玉の募集はありませんでしたが、1次募集で出資が叶わなかった馬達も含まれています。
もちろん今年も“キャンセル祭り”に参加しようと思っています。

募集番号1番 フラニーフロイドの14 4口
募集番号5番 イグジビットワンの14 1口
募集番号8番 シーズンズベストの14 5口
募集番号11番 キューの14 12口
募集番号16番 クレヨンルージュの14 3口
募集番号19番 エンシェントヒルの14 1口
募集番号24番 カスタリアの14 3口
募集番号26番 フォルテピアノの14 1口
募集番号27番 モンプティクールの14 2口
募集番号31番 グリッターカーラの14 2口
募集番号34番 テイクワンズアイの14 1口
募集番号35番 ヴェラブランカの14 2口
募集番号37番 ドレスデングリーンの14 2口
募集番号40番 パーシステントリーの14 4口
募集番号42番 ジャッキーテーストの14 2口
募集番号44番 シーザリオの14 5口
募集番号48番 シェアザストーリーの14 3口
募集番号49番 グレイトフィーヴァーの14 10口
募集番号50番 ヒストリックスターの14 13口
募集番号51番 リーチコンセンサスの14 2口
募集番号52番 パーフェクトジョイの14 1口
募集番号57番 ペニーホイッスルの14 3口
募集番号59番 スルーレートの14 3口
募集番号63番 ヴァリアントレディの14 2口
募集番号64番 フローリッドコートの14 3口
募集番号65番 エルダンジュの14 4口
募集番号66番 ヴァイスハイトの14 3口
募集番号70番 キスショットの14 1口
募集番号72番 カメリアローズの14 3口
募集番号73番 ラフィントレイルの14 3口
募集番号76番 キャンパスライフの14 1口
募集番号82番 ロンダドールの14 2口
募集番号83番 マンハッタンの14 3口


1次募集で落選した3頭はどれも頓挫なく進められているようです。
中でも牡馬の2頭(スルーレート14、カメリアローズ14)はいいですね。

あとはシーザリオ14、グレイトフィーヴァー14、ヒストリックスター14、キュー14などのOur Blood勢も順調なようです。
特に馬介さんの出資馬シーザリオ14は魅力的ですね(価格は別にして…)

候補はこの辺りになるんでしょうか?
1会員につき1頭限定ですからね、もう少し吟味して応募しようと思います。

狭き門であることは承知ですから、一昨年シャイニングレイを仕留めた時のような奇跡を再び…

シーザリオ14





いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

良馬場でスピード全開!

休み明けの前走は生憎の馬場で持ち味を十分に発揮できなかったレイリオン。
再度小倉への遠征プランもありましたが、1週待機して今週の条件戦へ出走することになりました。
馬場の悪化が顕著であった最終週の小倉よりも馬場状態が良い阪神での出走はレイリオンにとって好材料。
しかも鞍上は絶好調のルメール。
フィリーズレビューの除外組が回ってくることも懸念されましたが、主だった馬は出走が無事に確定してレイリオンにとっては組みやすい相手関係となりました。
ここは力が入る1戦となりますね。

安田調教師「先週は金曜日に坂路でサッと馬なりの時計を出しましたが、その後も順調に来ています。ちょっと口向きの難しいところがあるので、そのあたりは気をつけて矯正しつつ乗るようにしていますが、その中で変にテンションが上がるようなこともなく折り合って走れています。今朝は坂路で終い重点に時計を出していますが、開場から30分以上経った荒れ気味の馬場も案外苦にしていませんでした。前走は雨で渋った馬場でスピードが削がれた感じでしたが、ひと叩きしてしっかり動けるようになっている印象はありますし、ここは楽しみですね」

残念ながら口取りの権利は落選してしまいましたが、自宅から精一杯のエールを送りたいと思います!







いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

最内枠を活かしきれず惨敗

昨年10月以来の競馬となったエルリストン。
直前の最終追い切りでは未勝利馬とは思えない好時計をマークして万全の仕上がり。
久々を感じさせない走りでいきなりからの好戦を期待しながらレース当日を迎えました。

心配された気性面の危うさはだいぶ解消されていたようで、パドックの周回ではやや煩い程度で我慢できており、『これならば!』と期待をしましたが…

レースでは痛恨の出遅れ。
寧ろあの展開でよく掲示板を確保してくれたと取るべきでしょうか。

福永騎手「返し馬までは落ち着いていましたが、ゲートに入ったら、ガタガタしてしまって…。隣を気にしている素振りもあったので、内を向けたりしたのですが、遅れてしまいました。結果的にスタートが遅れたことが大きく響いたレースになったので、申し訳ありません。調教でも跨って、スッと動ける器用さはまだないものの、綺麗な飛びでいい伸びをすると感じたので、本当は前めの位置取りでレースをすることを考えていたのですが…。今日は久々でしたし、ゲートが決まれば、もっと楽に結果を出せるだけの力はあると思います。距離はもっとあってもいいくらいかもしれません」

レース後は脚元の状態など問題はなさそうですが、気性面で煩いところが出始めているのでやや間隔を取るようです。
ゲートの練習も必要ですし、権利を取れたのはやはり大きいですね。
血統は異なれど半兄アスペンツリーが翌日のダート戦を快勝し、2勝目をマークしました。
何れはエルリストンもダートを試して欲しいものです。

早く欲しいなあ…40口初勝利。









出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

東京TC 競走馬名決定

本州への移動が既に完了をしているデライトポイント14。
競走馬名が脱北の後になるのは初体験です。

・デライトポイント14
レッドクライム Red Climb(登る【英語】 頂点まで登りつめる)

シンプルでカッコいい馬名に決まりましたね。
由来の如く頂点まで登るつめるような活躍を期待です。

吉澤ステーブルWESTに無事に到着したようですし、早期デビューの期待が膨らみます。
この先も頓挫なくトレーニングを消化して、同じ環境で育成された厩舎の大先輩ゴールドシップに一歩でも近づいて欲しいものです。

吉澤ステーブルWEST
角馬場調整。馬体重470キロ。
水曜日の朝に到着しました。体温も安定していて元気一杯だったので昨日から他の馬と一緒に角馬場で軽めの調整を始めています。初日はソワソワして落ち着かない様子を見せていましたが、すぐに慣れて今日は平常心で調教に励んでいました。2歳のこの時期としては体つきも立派で気の強そうな雰囲気。来週からは周回コースでも乗り出すことにしています。


デライトポイント14(201602)





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

ラストインパクト ドバイへ

中山記念惜敗の後、経過が観察されていたラストインパクト。
幸い大きなダメージもなかったことから次走が決定しました。

ドバイ・シーマ・クラシック (GⅠ) 芝2410m

遂に英断が下されました。
やはりドバイへ行くんですね!

しかも鞍上には昨夏大ブレイクをしたモレイラ騎手を迎えるようです。
さすが世界の角居の手腕と言ったところでしょうか。

角居調教師「レース後、どれだけダメージが見られるか経過を見ていましたが、今のところ状態は変わりありません。転厩初戦でしたし、どの様な競馬をしてくれるか楽しみにしていましたが、結果的に1800mでは距離が足りない感じがあったものの、手応えを感じるレースをしてくれたと思っています。あれぐらいの位置で競馬をしないことには、海外競馬ではさすがに勝負になりませんし、好位で競馬をしてどこまで対応出来るか試してみました。思いのほかスッと良い位置に取り付けることが出来ましたし、最後は決め手勝負に負けてしまったものの、次走に繋がる競馬は出来ました。今回の競馬を見る限り、海外でも十分通用する力を持っている馬だと改めて実感いたしましたし、ドバイ・メイダン競馬場で行われる「ドバイ・シーマ・クラシック」の招待状が先週届きましたので受諾し、海外挑戦をしたいと思います。鞍上については現在香港で騎乗しているモレイラ騎手で調整を行っていますので、正式に決まり次第ご連絡させていただきます」

中山記念の先行策もドバイでのレースを見越しての作戦であったようです。
“さすが”の一言ですね。

いよいよ愛馬初の海外GI挑戦。
今から胸の高鳴りが止まりません。







出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。