ディライトクライ ようやく光明が…

デビュー以来見せ場すら作れていないディライトクライの応援に中京競馬場へ行ってきました。
今回は距離短縮、ブリンカー装着、減力騎手起用と考えられる策を全て講じての1戦。
ここで掲示板を確保できなければ、いよいよ赤信号が灯ってしまうような状況の中、レースを迎えました。

マイナス16キロの発表はありましたが、特に細め感もなくガレた印象はありませんでした。
寧ろ筋肉のメリハリがまだまだで、緩いように見えましたので良化成長途上なのではという感じもしました。
初のブリンカー装着ということでパドック周回中は、ゆっくり集中して歩けていましたね。







レースはやや出遅れてしまった上に芝部分で全く行き脚が付かず、先行集団からは大きく離された後方を追走。
戦前の作戦では、ある程度前目に付けてしぶとく脚を使うというものだっただけに、後方で鞍上の手がしきりに動き出した時には万事休すと思いました。
4コーナーは大外ぶん回しで大差負けも覚悟した中、何とじわじわと伸びてきているではないですか。
新人騎手が諦めず最後まで追い続けてくれたことで、馬自身も集中力を切らさずいい脚を使ってくれました。
勝ち馬からは離されましたが、初の掲示板確保。
満足にレース選びができないこの時期に優先権を取ることができたのは、本当に大きな収穫。
未勝利脱出に向け、首の皮一枚繋がりました。

ただ、この先のレース選択が非常に重要になってきそうです。
同じ条件で走らせるのか?
引き続き減量騎手を起用するのか?
トップジョッキーのスケジュールに合わせてレース選択をするのか?
考え出せばキリがありません。

我々出資者が願うのは誰もが納得する選択です。
そしてその先に勝利があれば、最高ですね。

頼みます今野先生!





【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

G1TC 第1次募集の結果

今年度の1歳馬募集の先陣切って行われた社台ノーザン系クラブの第1次募集の結果が発表されました。
私stageは所属するG1TCにおいて1頭のみに申し込んでその結果を待っていましたが…

落選

アルバートドックの半妹のオルフェーヴル産駒を一択でしたが、80票超えの超絶人気。
実績面で勝負にならないことは明白で、抽選の僅かな希望に賭けてはいましたが…現実は甘くないですね。

G1TC結果

尚、2次募集には参加しない予定。
この後に続く、ロードTOや東京TCに資金を温存するつもりです。
やはり毎年この季節になるとワクワクしますね。







【大好きな著者の最新刊です!】POGを血統でぶった斬る! ! 配合パズルでアタリはわかる 2016

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly