2歳時の輝きを再び…

明日は低迷が続いている藤沢厩舎のディープ産駒2頭が出走します。
まさか共に去勢をされて障害戦やダート戦を使われているとはねえ…当時は思いもよらなかったです。
ここに至るまでの愚痴は散々言ってきたので、もう何もありません。

今後に向けてメドの立つ走りをして欲しい…望みはそれだけです。

2歳時は輝きを取り戻して欲しいなあ。



レッドソレイユ






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

久々の競馬は…7着

今春の忘れな草賞後から体調がなかなか上向いて来ず、スロー調整が続いていたブレッシングテレサがようやく戻ってきました。
今回の臨戦態勢も手探りで半信半疑での出走となりましたが、レッドクライム同様口取りの権利を頂いて現地観戦をしてきました。

パドックは久々と言うこともあり、若干入れ込み気味。
それもあり、梅田調教師も加わっての2人引き。
ただ決してパニックになっているという感じではなく、やや気負いが見られるという感じでした。



心配された馬場入場は、意外にもスムーズな返し馬だったので少し驚きました。
鞍上との呼吸も合っていて、折り合いも問題なし。
そこそこやれるのでは…と期待を抱かせるものでした。



レースは好位からの競馬でしたが、3コーナー過ぎの下り坂をスムーズに走れず苦しい競馬。
直線では大きく失速することはないものの、ジリジリしか伸びず0.3秒差の7着。
長期休養明けで万全ではない体調を考慮すれば、まずまずの競馬であったと思います。



梅田調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、大きなダメージはないものの、全身に筋肉痛の症状が窺えます。このまま厩舎で進めるよりは一旦放牧に出してリフレッシュさせる方が良いと思いますので、26日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。決して万全の状態ではなかったと思いますが、それでも形は作ってくれたと思いますので、焦らず馬の状態に合わせながら時間を掛けてあげれば、先々はしっかりしてくると思います」

レース後は筋肉痛の症状が見られることもあり、NFしがらきへ放牧に出されました。
まだまだ体調がしっかりせず、これからといった感じですね。
梅田調教師のコメント通り、本当に良くなってくるのは、来年以降になるんでしょう。
長い目で見守っていきたいですね。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

相手が悪過ぎですね…

東京TCのレッドクライムが5戦目の未勝利戦に出走することになったので、口取りの権利を頂いて現地観戦。
中京のデビュー戦で初めて見た時からどれくらい成長しているか楽しみにしつつも、休みなく使われている影響がないか期待と不安の中パドックでの周回を見守りました。



馬体重はそのデビュー戦から12キロ減の458キロ。
決して細め感はなく、寧ろ全体的に筋肉のメリハリが効いてきた印象でした。
一方でトモは相変わらず薄めでこの部分は今後の成長待ちでしょう。

気持ちの面では、使ってきている影響かややイレ込み気味。
ただパニックになっているという感じではなく、気合が乗っているというレベルでした。



レースは果敢に先行するもエアスピネルの全弟エアウィンザーに軽く差し切られ惨敗。
レース運び云々と言うよりは、相手が悪かったですね。
ほんとクライムは毎回こういったライバルと当たってしまいますね…

初戦はトリコロールブルー、阪神戦ではリスグラシューとスワーヴリチャード。
どの馬も今後上のクラスに行っても通用する馬ばかり。
運が悪いというか、レース選択が強気なのか…

この後は一旦一息入れるようです。
使い詰めの疲れを癒して、ハーツクライ産駒ならではの成長力に期待したいです。



以下はデビュー戦のパドック。
こうやって並べてみると、筋肉のメリハリ具合がよく分かりまね。








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

京都大賞典観戦記

体育日の10/10久々に京都競馬場へ遠征し、ラストインパクトの応援してきました。
口取りの権利は残念ながら落選でしたが、当日は秋晴れの心地良い気候で絶好の競馬日和。
少頭数ながらGI級のメンバーが揃い、場内は大混雑でGIデーさながらのそれのようでした。



宝塚記念以来の競馬となるラストインパクトは10キロ増。
万全の仕上げで挑んだGI後の休養明けだけにこのプラス体重は想定通り。
秋初戦としては良い状態で当日を迎えてくれたと思います。



パドック周回ではイレ込むほどではないものの、若干気負い気味。
爪の具合を考慮し中間から施行されていたエクイロックスについては、当日も同様に施行されていました。



馬場入りは順番が前後したこともあり、ややハラハラしましたが、スムーズに折り合いがついたスムーズな返し馬ができていてホッとしました。
ラチ沿いを走ってきて、その迫力に圧倒されました…(汗)



レースは好スタートを切り、好位からの競馬。
3-4コーナーのコーナーリングの手応えでは、先頭のキタサンブラックを捕えてくれるように見えましたが…
手応えは案外で失速をしてしまいました。

川田騎手「本馬場入場時に元気のいいところを見せていましたが、走りたいという気持ちからくるもので特に問題ありませんでしたし、返し馬ではスッと折り合い良い走りをしていました。ゲート内での雰囲気も良く、今日はスタートを出てくれるだろうと思っていましたが、思った通りしっかりとゲートを出てくれました。隊列も考えていた通りに決まり、できたらキタサンブラックのすぐ後ろでレースがしたかったのですが、ラブリーデイが外から来たので行かせて、そのすぐ後ろで進めました。道中の折り合いも問題なく、リズム良く追走でき、3コーナーでタマモベストプレイに被せられそうになりましたが、あそこでジッとしていては瞬発力勝負の競馬になり分が悪くなると思ったので、張って行きポジションをキープしつつ、4コーナーから直線入り口にかけてラブリーデイに外から蓋をし、あとは前を行くキタサンブラックを捕まえるだけでした。これまでのラストインパクトであれば、直線伸びて前を捉え、半馬身出たところでゴールできるくらいの力はあるはずなのですが、今日は直線に向いてから思ったような伸びが見られませんでした。もしかすると本当に良かった頃と比べると、まだ足りていないのかもしれませんが、それでも休み明けとは言え、追い切りの感触は良く力を出せるデキにはあったと思いますし、相手だって休み明けであることには変わりないですからね。非常にスムーズな競馬ができただけに、敗れてしまったのは残念ですが、力は持っている馬ですから、次走での巻き返しに期待したいですね」



次走は予定通りJCに向かうようです。
知人の間では「もう終わった」という言葉を多く耳にします。
確かに他馬の有力馬の多くも休み明けであった中であれだけスムーズな競馬をして、これだけ負けるとそういう評価は当然なのかもしれません。
しかしながら、昨年も天皇賞(秋)で凡走後にJCで大きな変わり身を見せてくれました。
あの時の感動としてやったりの気分は今も忘れられません(涙止まらなかったなあ…)
今年もそんな世間の評価を一掃するラストインパクトの大激走に期待したいものです!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

デビュー戦の鞍上は、ルメール騎手!

先週ゲート試験に合格したブラックエンブレム14ことオーロラエンブレムがそのままデビュー戦に向かうようです。
スクミの兆候が見られ、一旦NF天栄に戻してから立て直してデビューかと思っていただけにこれは嬉しい誤算です。

小島茂之調教師「13日に坂路で時計を出しました。牧場から聞いていたイメージではもっとフワフワするのかと思いましたが、力むまではいかないけど、若干余計な力が入っていました。距離をもたせるには、今後その辺りは気を付けていかなければいけないでしょう。飼い食いが少し細くなってきましたが、馬体重は447㎏と維持できています。次開催の東京1週目・芝1,600mを目標にしています。鞍上はルメール騎手にお願いしました」

しかもそのデビュー戦の鞍上はルメール騎手。
これは陣営の期待のあらわれでしょうから、自ずと力が入ります。

昨年のドラフトで2,000を超える票数を集めた注目馬のデビュー戦。
どんな走りをしてくれるのか今から楽しみでなりません!

(当日は仕事だなあ…)

オーロラエンブレム(20160921)






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

シルク2016年度 第1次募集最終結果

本日シルクHCの第1次募集の結果が発表されました。
結果は以下の通りで、3頭の期待馬の出資が確定しました。
全ての面で最も出資したかった大本命プチノワール15が落選してしまい、大変残念ではありますが、概ね納得のドラフトであったと思います。
サプライズはなく、ある意味想定通りという感じですね…

ウーマンシークレット15とウインフロレゾン15は実績枠での確定となったようです。
私の過去実績は620,000でウーマンシークレット15のそれが596,000でしたから、ギリギリでの確定でした。
この部分ではラッキーでしたね。

シルク当落

これで今年の出資ドラフトは無事に終了。
抽選には恵まれなかった印象ですが、キャロットCのトゥザヴィクトリー15を合わせ、牡馬2頭牝馬2頭の出資が確定しました。
今年は重賞を狙えるような器の大きな馬とクラブに狙いを定めて厳選してみました。
それにふさわしいラインラップになったと思いますし、この仔たちのデビューが今から楽しみでなりません。

ご一緒の方々、よろしくお願い致します!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

シルク2016年度 申込み完了!

昨日シルクHCの第1次募集が締め切られました。
先日のキャロットCに負けず劣らずの豪華ラインナップで、どの馬に申し込むか迷いましたが、最終的にはこうなりました。

シルク2016

キャロ的に言う最優先は、プチノワール15。
血統、馬体、厩舎、育成全てにおいて文句なし。
10/3時点(昨年比57%)では、350-400口の票数が集まっており、14-15番目くらいの人気。
最終的な票数は、700口前後くらいになるのでしょうか?
決して低いハードルではありませんが、何とか抽選を突破したいものです。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly