スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークスへの切符をかけて格上挑戦

2月末のデビュー戦を快勝したブレッシングテレサ。
レース後は自己条件も視野に入れつつ、距離適性を見込んで早くから『忘れな草賞』への出走を表明していました。
幸いにも今回は、桜花賞除外組の出走もなく少頭数でのレース。
キャリアの浅いブレッシングテレサにとっては決して楽な条件ではありませんが、陣営も勝算があるからこその出走。
不安よりも未知の期待の方が遥かに大きいですね。

梅田調教師「今朝(7日)、坂路で追い切りました。藤岡康太騎手に跨って貰い、感触を確かめて貰いましたが、雨の影響で走りにくい馬場だったにしては終い12秒2としっかり走ってくれましたね。モニターを見る限り、余力十分でとてもいい動きをしてくれましたし、仕上がりとしては言うことないですね。前走後は厩舎でじっくり調整して、ここを目標に調整してきましたが、疲れもしっかり取れていますし、今の状態でどこまで通用するか楽しみです。初戦は相手もそこまで揃っていなかったものの、話題の馬を寄せ付けずに勝ち上がってくれましたし、落鉄をしてあれだけの競馬をしてくれたのですから、能力は間違いなく良いものを持っている馬だと改めて感じました。相手は揃いましたが、ここで良い競馬をするようなら本当に先が楽しみです」

藤岡康太騎手「追い切りに跨らせていただきましたが、かなりの雨だったこともあって、走りにくかったと思いますが、それでも終いが12秒2なのですから、かなり動いてくれましたね。追い出すと頭が高くなって上体が上ずってくるところはありましたが、初戦と比較しても成長が窺えますし、厩舎スタッフが前走後からしっかりケアしてくれていたので、いい状態で競馬に向かえそうですね。相手は強くなりますが、ここでどれだけのパフォーマンスを見せてくれるか楽しみですし、スムーズな競馬を心掛けたいと思います」

前走は落鉄しながらも評判馬を寄せ付けない完勝劇。
ここに入っても十分に力は通用すると信じています。

勝利をモノにしてオークスの舞台へ駒を進めて欲しいものです。

公式③





いよいよ最新刊登場!!パーフェクト種牡馬辞典2016-2017

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。