スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大賞典観戦記

体育日の10/10久々に京都競馬場へ遠征し、ラストインパクトの応援してきました。
口取りの権利は残念ながら落選でしたが、当日は秋晴れの心地良い気候で絶好の競馬日和。
少頭数ながらGI級のメンバーが揃い、場内は大混雑でGIデーさながらのそれのようでした。



宝塚記念以来の競馬となるラストインパクトは10キロ増。
万全の仕上げで挑んだGI後の休養明けだけにこのプラス体重は想定通り。
秋初戦としては良い状態で当日を迎えてくれたと思います。



パドック周回ではイレ込むほどではないものの、若干気負い気味。
爪の具合を考慮し中間から施行されていたエクイロックスについては、当日も同様に施行されていました。



馬場入りは順番が前後したこともあり、ややハラハラしましたが、スムーズに折り合いがついたスムーズな返し馬ができていてホッとしました。
ラチ沿いを走ってきて、その迫力に圧倒されました…(汗)



レースは好スタートを切り、好位からの競馬。
3-4コーナーのコーナーリングの手応えでは、先頭のキタサンブラックを捕えてくれるように見えましたが…
手応えは案外で失速をしてしまいました。

川田騎手「本馬場入場時に元気のいいところを見せていましたが、走りたいという気持ちからくるもので特に問題ありませんでしたし、返し馬ではスッと折り合い良い走りをしていました。ゲート内での雰囲気も良く、今日はスタートを出てくれるだろうと思っていましたが、思った通りしっかりとゲートを出てくれました。隊列も考えていた通りに決まり、できたらキタサンブラックのすぐ後ろでレースがしたかったのですが、ラブリーデイが外から来たので行かせて、そのすぐ後ろで進めました。道中の折り合いも問題なく、リズム良く追走でき、3コーナーでタマモベストプレイに被せられそうになりましたが、あそこでジッとしていては瞬発力勝負の競馬になり分が悪くなると思ったので、張って行きポジションをキープしつつ、4コーナーから直線入り口にかけてラブリーデイに外から蓋をし、あとは前を行くキタサンブラックを捕まえるだけでした。これまでのラストインパクトであれば、直線伸びて前を捉え、半馬身出たところでゴールできるくらいの力はあるはずなのですが、今日は直線に向いてから思ったような伸びが見られませんでした。もしかすると本当に良かった頃と比べると、まだ足りていないのかもしれませんが、それでも休み明けとは言え、追い切りの感触は良く力を出せるデキにはあったと思いますし、相手だって休み明けであることには変わりないですからね。非常にスムーズな競馬ができただけに、敗れてしまったのは残念ですが、力は持っている馬ですから、次走での巻き返しに期待したいですね」



次走は予定通りJCに向かうようです。
知人の間では「もう終わった」という言葉を多く耳にします。
確かに他馬の有力馬の多くも休み明けであった中であれだけスムーズな競馬をして、これだけ負けるとそういう評価は当然なのかもしれません。
しかしながら、昨年も天皇賞(秋)で凡走後にJCで大きな変わり身を見せてくれました。
あの時の感動としてやったりの気分は今も忘れられません(涙止まらなかったなあ…)
今年もそんな世間の評価を一掃するラストインパクトの大激走に期待したいものです!






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。