スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手が悪過ぎですね…

東京TCのレッドクライムが5戦目の未勝利戦に出走することになったので、口取りの権利を頂いて現地観戦。
中京のデビュー戦で初めて見た時からどれくらい成長しているか楽しみにしつつも、休みなく使われている影響がないか期待と不安の中パドックでの周回を見守りました。



馬体重はそのデビュー戦から12キロ減の458キロ。
決して細め感はなく、寧ろ全体的に筋肉のメリハリが効いてきた印象でした。
一方でトモは相変わらず薄めでこの部分は今後の成長待ちでしょう。

気持ちの面では、使ってきている影響かややイレ込み気味。
ただパニックになっているという感じではなく、気合が乗っているというレベルでした。



レースは果敢に先行するもエアスピネルの全弟エアウィンザーに軽く差し切られ惨敗。
レース運び云々と言うよりは、相手が悪かったですね。
ほんとクライムは毎回こういったライバルと当たってしまいますね…

初戦はトリコロールブルー、阪神戦ではリスグラシューとスワーヴリチャード。
どの馬も今後上のクラスに行っても通用する馬ばかり。
運が悪いというか、レース選択が強気なのか…

この後は一旦一息入れるようです。
使い詰めの疲れを癒して、ハーツクライ産駒ならではの成長力に期待したいです。



以下はデビュー戦のパドック。
こうやって並べてみると、筋肉のメリハリ具合がよく分かりまね。








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。