いよいよ2歳馬がデビューです!

待ちに待った2歳馬のデビューが近付いてきました。
矢作厩舎に所属するシルクのダイワメジャー産駒の牝馬キープシークレットがその先陣を切ります。
そのデビュー戦の手綱を握るのは、レジェンド武豊。
もうこれだけで興奮のボルテージはマックスです。

7.2 メイクデビュー中京・芝1600m(牝) 〔武豊〕

2017.7.28
担当助手「28日に坂路で追い切りました。先週しっかり負荷をかけているので、反応を確認する程度で行いましたが、予定していた時計より速くなりました。目一杯に追っていれば51秒に近いところは出ていたと思うぐらい手応え十分でしたから、動きに関しては申し分ないですね。良い仕上がりでレースに臨めそうですし、初戦から良い競馬をしてくれそうです。ただ、環境の変化に慣れるまで時間が掛かるタイプなので、競馬場に行ってどう出るかですね。入れ込むわけではないので、そこまで心配はしていませんが、レース中に物見などして集中力を欠かなければ力を出し切ってくれると思っています」


2017.7.22
担当助手「22日にCWコースで追い切りました。中谷騎手に感触を確かめてもらいましたが、古馬相手に最後まで食らいついてくれました。相手がこちらのペースに合わせてくれたのは確かですが、先週の追い切りからするとかなり最後まで辛抱してくれるようになりましたし、時計が掛かる馬場だったことを考えれば悪くない内容だったと思います。このひと追いで更に動きが良くなってくるでしょうし、週末と来週の追い切りで態勢は整うと思うので、このまま変わりなければ、7月2日の中京・芝1,600m(牝)でデビューさせようと思います。ジョッキーは武豊騎手にお願いしています」


1週前追い切りでは、坂路で古馬1000万のショウナンハルカスと併せて0.1秒先着。
その時計は当日の2歳馬1番時計。
6/14のCWでの追い切りが終いバタバタでしたので、この短い期間での変わり身には驚くばかり。
矢作先生も「学習能力の高い馬」と評しているのも頷けます。

ダートもこなせるパワフルな血統だけに中京マイル戦は望むところ。
雨模様となりそうな当日の馬場もキープシークレットにはプラスに働くのかもしれません。
そして憧れ豊さんの手綱。

当日は現地で気合を込めて応援をしてきます!

キープシークレット20170401






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する