あの輝きをふたたび…

前走劇的な復活の走りを見せてくれたシャイングレイ。
道中の走りっぷりも考慮に入れて、更に距離を短縮し重賞の舞台に駒を進めてきました。

7.2 CBC賞・芝1200m 〔北村友〕

高野師「今朝はいつもどおり坂路を1本軽く上がってから、2本目に時計を出しています。終い重点の内容でしたが、動きはしっかりしていたと思います。正直大きく変わってきたところがあるわけではないのですが、状態は高いレベルで平行線をキープしていると言っていいでしょう。1400mでも行きたがるぐらいのスピードを持っていますが、1200mの重賞となると短距離のスペシャリストが多く出てきますし、自在性に欠けるタイプでもあるので、どういうレースになるかは正直未知数です。それでも能力は高いので、なんとかいい結果を期待したいですね」

長期休養期間があったとはいえ、ホープフルSの勝ち馬がスプリント重賞に出走するというのは、まさに異例。
その前向き過ぎる気性が良い方へ振れてくれれば、この先大きな楽しみが生まれます。
歴戦のスプリンター達ととどこまで渡り合えるかは、正直やってみるまで分かりません。
しかしながら、シャイニングレイの身体能力をもってすればここも通過点となる可能性も…

明日はそれを信じて現地で応援をしてこようと思っています!








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する