ポリアフ価値ある2着

なかなか未勝利脱出の糸口が見えなかったポリアフがようやくきっかけを掴んでくれました。

休養明け2戦目の今回は好スタートを決めて好位の3番手を追走。
ペースが上がり始めた3角手前では押して押しての状態となり、馬群に沈んでしまいそうな勢い。
ああ、またか…と諦めがよぎりましたが、今回はここからが違いました。
鞍上のアクションに応え、渋太く脚を伸ばし混戦の2着争いも制してくれました。

北村友騎手「ひと叩きしたことでかなり上積みが見られましたね。無理に仕掛けていくこともなく、スッと好位に取り付けることが出来ましたし、流れが速くなるまでとてもスムーズな競馬が出来ました。勝負どころで少しもたつく所がありましたが、長くいい脚を使ってくれましたし、勝ち馬に届かなかったものの、最後はまた盛り返してくれましたからね。ブリンカーを試す案もありましたが、確かに道中ムラなところがあるので揉まれた時にどれだけ我慢できるかわかりませんが、今の未勝利なら今回の様な競馬が出来ると思うので、今は着けなくても大丈夫だと思います」

馬の状態が良く頑張ってくれたこともありますが、鞍上がポリアフの特性を活かし切った好騎乗をしてくれたことによるものが大きいと思います。
初めて出走権利を獲得できましたので、いよいよ次走は勝負ですね。
鞍上は引き続き北村友騎手に跨ってもらい、キッチリ決めて欲しいものです。

良血馬がようやく前進をしてくれてホッとしました。







にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する