橋口慎介厩舎へ転厩

札幌開催での復帰を目指して、追分LVで立て直しを図っているエルリストン。
近況レポートと共に須貝厩舎から橋口慎介厩舎への転厩が発表されました。

このたび関係者間で協議を行った結果、栗東TC・橋口慎介厩舎への転厩が決定しました。北海道開催での出走を目指し、早い段階から調整を進めてきました。しかし、現状では須貝厩舎の在厩頭数は多く、馬房の調整が難しい状態となっているため、このタイミングで転厩させることにします。会員の皆様には突然のご報告となりましたが、出走機会を増やすため、また本馬の新しい面を引き出しくれることを期待しての判断となります。何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、今後は状態を確認したうえで、新しい環境のもと、札幌後半戦への出走を目指していきます。

良血馬揃いの須貝厩舎においては出走機会に恵まれないというクラブのジャッジ。
40口初勝利をプレゼントしてくれた陣営に見切られたのは寂しい気持ちもありますが、某厩舎のように放置の憂き目を避けてくれた関係者には感謝。

ダービートレーナー2世の手腕は正直未知数ですが、スタッフは父弘次郎師から引き継いでいるとどこかで目にしました。
ワンアンドオンリーなどの活躍馬もそのまま所属していますし、ノーザングループからのサポートもあるようです。
起用騎手も父時代の主戦小牧騎手をはじめ若手のホープ荻野極騎手や岩田騎手など申し分なし。

若手ならではの新しい発想でエルリストンの新味を引き出してもらえたらと思います。
脚元は丈夫ですので、数多くのレースに使って欲しいなあ。


でも、須貝先生の出走前のハグが見れなくなってしまうのは、寂しいなあ…






にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
レジまぐ商品の購入はこちら!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する