阪神競馬場現地観戦&口取り

4月の開催ぶりに阪神競馬場へ出掛けてきました。
その時のお目当ても今回と同じヴィッセンの応援と口取り。
前回は生憎の天気だったのですが、今日は秋晴れで絶好の競馬日和。



岩田騎手騎乗のウエスタンパレードが1番人気。
ヴィッセンはそれに続く2番人気でレースを迎えました。



パドックではプラス6キロで登場をしましたが、太目感はなく仕上がっていました。
気合乗りは、今ひとつでのんびりした感じ。
まあ、いつも通りですね。



左目の目つきが悪いので正面から右側だとイケメンなのですが、左側は…





鞍上が跨るとやや気合が乗ってきて、煩い仕草を見せ始めました。
決してイレ混んでいる感じではなく、じんわりとという感じです。

レースではもっさりしたスタートで後方から。
前がいいペースで引っ張ってくれたこともあり、道中は流れましたね。
3コーナー手前から進出開始し始めた時は、もたもたしていて大丈夫かなという感じ。
若干不安がよぎりましたが…4コーナー回ってからは手応えが違いましたね。

やはりこのクラスでは力が1枚上の印象ですし、鞍上によってこんなに変わるものなんだと実感しました。



レース後はラストインパクトの金鯱賞以来の口取り。
清々しい天気の中、最高の気分で記念撮影をすることができました。

シルクのスタッフの方の話では、この後は問題がなければ続戦との事。
相手なりに走れるヴィッセンであれば、再昇級後もいいレースができるのではないでしょうか。
鞍上は引き続き、デムーロに握って頂きたいものです!





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する