2015年度出資確定馬

シルクHCの第1次募集の結果が発表されて、2015年度の募集も一段落。
東京TC、キャロットC、シルクHCの3クラブで合計5頭の1歳馬に出資が叶いました。

今年は日頃から仲良くして頂いている血統派、馬体派のクラスタの方々と十分すぎるほど出資検討した上でピックした馬達に出資をしました。
評判や感覚印象(これらも大事なんでしょうけど…)で出資をしてきたこれまでとは違い、ブレのない選馬ができ大満足です。

【東京サラブレッドクラブ】
昨年は意中の馬が見付けられずスルー。
個人的に相性が良くないこともあり、退会も考えていた時期もありましたが…
今年は1頭に出資が確定しました。
デライトポイント14(父ハーツクライ 母デライトポイント) 栗東 須貝厩舎

オープン馬オツウの全弟。
血統班の推奨馬。
奥手な血統ながらクラシックを意識したい血統馬。
伸びやかで最適なサイズの馬体で四肢に大きな問題もなし。
育成、厩舎など環境面も言うことなし。
先行募集で満口となったが、無事に抽選をクリアし出資確定。

【キャロットクラブ】
今年度はバツなし最優先のため、看板馬への出資は諦めてバツ獲得を選択。
第1次募集の一般枠ではジャッキーテースト14、カメリアローズ14、スルーレート14の抽選に挑みましたが全て落選。
折り返しの1.5次募集では、マイティースルー以外の2頭を確保することができました。
追加出資はせず、来年バツあり最優先でホームラン狙いをする予定です。
フェルミオン14(父クロフネ 母フェルミオン)美浦 大和田厩舎
フェルミオン14(20150930)
今活力がある牝系の可能性に先行投資。
高額血統馬と比較すると大物感こそないが、ミスのない馬体で手堅い造り。
メイショウサムソン産駒の半兄ストレンジクォークが2勝をあげ、1000万クラス卒業間近。
より配合クオリティが高いクロフネに変わり一発を狙いたい。
仕上げとレース選びに定評ある大和田厩舎にも期待。

グリッターカーラ14(父ワークフォース 母グリッターカーラ)美浦 中川厩舎
グリッターカーラ14(20150930)
募集時既に500キロ超え(9/30時点で552キロ!)
大型馬ながらその動きに重苦しさがないのが好印象。
巨体を支える四肢は曲飛ながらミスがなく安心感を持ちました。
血統的にパワータイプのイメージだけに関東が主戦場なのは好都合。
NF早来育成も魅力。

【シルクホースクラブ】
昨年は謎の選考方法改変で第1次募集は完全に消化試合に。
若干の選考方法の見直しがありましたが、大抽選大会になることは今年も避けられず半信半疑なまま応募。
パーフェクトマッチ14は無抽選で確定をしましたが、もう1頭はまさかの当選でした。
ブラックエンブレム14(父ディープインパクト 母ブラックエンブレム)美浦 小島茂厩舎
ブラックエンブレム14(20150911)
ご存じ今やクラブのアワブラッド。
今年も2200を超える票数を集めた1番人気。
評判通り、今年の所属クラブのディープ牝馬ではピカイチに見えました。
育成、厩舎などの環境面も言うことなし。
今年はご縁がありました。

パーフェクトマッチ14(父ルーラーシップ 母パーフェクトマッチ)美浦 萩原厩舎
パーフェクトマッチ14(20150911)
血統班の推奨馬。
堅実にヒット狙いというタイプではなく、一発狙いの好配合馬。
手足が長くストライドで走りそうな馬体は、府中や新潟のような大箱コースに合いそうなイメージ。
重厚な配合で2歳戦でバリバリという感じではなさそうですが、樫の女王候補での出資。

事前に苦手の関東馬、牝馬の出資は極力控えると言っておきながら蓋を開ければ…
関東馬4頭(牡馬1頭 牝馬3頭)
関西馬1頭(牡馬1頭)

とはいうものの、今年度は大変満足いくドラフトになり、十分な戦力補強ができたと思っています。

残すはロードTOのみ。
お腹一杯感は否めませんが、ここも気になる血統馬揃い。
壮絶な出資合戦とは無縁なクラブですので、肩の力を抜いて挑みたいと思っています。





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する