スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【現地観戦】ヴィッセンは悔しい3着

休養明けの前走では、最後の直線で前が塞がり、脚を余しての5着。

叩き良化型の2戦目で距離延長、しかも主戦松山騎手確保。
相手関係も随分軽くなり、内枠回避の偶数番枠。

しかもこの日の松山騎手は2勝2着2回と絶好調。
ここまでフラグが立ちすぎていると心配になるぐらいでした、戦前は。

蓋を開けてみれば、デビューから12戦目にして初めての1番人気。
皆さん考えることは一緒ですね…


結果はヴィッセンのジリ脚を知り尽くした鞍上が故の早仕掛けで失速。
1馬人気に応えることができず、無念の3着敗戦。

松山弘平騎手「結果的に後ろの馬に差されてしまったので、早仕掛けだったかもしれません。我慢させても良かったかもしれませんが、追ってジリ脚な馬ですし、勝負処で自分からハミを取って行く気を出してくれたので、馬のリズムを大事にしました。負けはしましたが、3着に来ているように堅実ですし、まだまだこれからの馬なので、成長していけば勝ちに行く競馬をしても押し切ってくれるようになると思います。結果を出せず、申し訳ありませんでした」

助手「勝ちに行った分、最後は伸び切れませんでしたね。切れる脚を持っていない馬だから、今回の様に早めに仕掛けて行くのは良かったと思いますが、結果的には早仕掛けになってしまいました。勝つことは出来ませんでしたが、権利はしっかり確保してくれたので、気持ちを次走に切り替えたいと思います。トレセンに戻って状態を確認してから次走を検討したいと思います」


ペースが落ち着いたこともあり、前が楽をしていた流れも向きませんでした。
もう少しペースが流れてくれていれば、4コーナーで捲り切ってそのまま…という展開もあったのかもしれません。

ゲート難や行き脚の面は使うごとに改善されてきていますし、最後キッチリ逃げ馬を差してくれた勝負根性には成長の跡が見て取れます。
番組編成前にもう1回使うでしょうから、そこが勝負所となりそうですね。

キッチリ頼みます、石坂先生!

友人馬介さんとの口取り揃い踏みは次回へとお預けとなってしまいましたが、初の阪神競馬場での1日満喫することができました!











にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。