もう少し時間かかりそう…

熱発の影響で吉澤SWESTで立て直しが図られているエルリストン。
ようやく坂路での調教も再開されたようでホッと一安心。
ただ、ペースはじっくりといった感じで入厩はまだまだ先になりそうな印象。

吉澤SWEST担当者「体温は平熱ですっかり落ち着き、乗り運動から徐々に調教を進めています。現在は周回コースを普通キャンターで1800~2400m乗り、坂路コースにも入ってハロン18-17秒ペースで元気に駆け上がっています。この中間に四肢に浮腫みを感じることがあったものの、ケアを行っており、すぐに回復。動きは良くなっていますので、今後はハロン15秒ペースの速め調教も課していく予定です。飼葉食いも安定していて、馬体重は512kgまで増やしています。」


近況の画像を見ても毛ヅヤはイマイチですし、2月中旬頃入厩でレースは3月でしょうか。
デビュー前の調教過程から能力があることは間違いなさそうなので、いい状態で使ってくれればという心境です。
精神面大人になれているといいけどなあ。(相変わらず、眼光鋭い…)

エルリストン20160118





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する