復帰が待ち遠しいなあ…

深屈腱炎の診断が出て1年以上の歳月が経過したフラムドグロワール。
ここ数ヶ月は脚元の具合が小康状態のおかげで、トレーニングのピッチが上がってきました。
坂路を15-15で上がってくる姿は、好調時の上体がグッと沈み込む感じになってきた印象です。
種馬みたいに緩んでいた馬体も520キロ台まで絞れてきて、いよいよ復帰戦に向けて態勢が整ってきたようです。

NF早来担当者「この中間から坂路の2本目を15-15で乗っており、坂路入りしない日も周回コースで乗り込んでいます。徐々に運動量もペースも上がっていますが、脚元は特に変わりないですし、乗り込みを継続していきます」

フラムドグロワール20160125

慎重な厩舎だけに無理使いはないでしょうから5月の東京開催くらいでの復帰が現実的なのでしょうか。
一口初白星をプレゼントしてくれた同馬の復帰戦は、感慨深いものになること間違いありません。

再会できる日が待ち遠しくて…





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する