エルフィンS 無念の回避

前走の大敗から立て直しを図ってきたクラシックリディア。
格上挑戦で出走を表明していたエルフィンS。
一線級相手にどこまで通用するのか楽しみにしていましたが、無念の出走回避。

石坂師「今週の競馬を使うつもりで特別登録させていただいたのですが、火曜日から右前脚の球節に腫れが出てしまいました。初戦の後に疲れが出たのと同じ感じで、骨などには異常ありません。ただ、適切な治療は必要ですし、競馬は見送ることにしました。今朝も軽く動かすことはできていますし、明日はハッキングまで行う予定です。その後の状態を見て、このまま在厩で調整するか、ひと息入れるかを判断したいと思います。ご心配をおかけして申し訳ありません」

まだまだこの先のある馬なので脚部不安が未然に発見され、大事に至らなかったことは不幸中の幸い。
元気な姿を見れないのはショックではありますが、今はしっかり怪我を治して1日でも早く戻ってきて欲しいものです。







出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する