今年初白星の予感

本日今年3戦目にしてベルフィオーレが初掲示板を確保してくれてようやく片目が開いたstage厩舎。
明日は有力馬2頭を送り出し、いよいよ今年初白星を狙えるところまで来ました。

まずは東京7Rに出走するセルバンテス。
昨年11月以来の競馬になりますが、牧場と厩舎でじっくりと乗り込まれており、仕上がりは悪くなさそうです。
長期休養明けの1戦を除けば常に人気以上に走ってくる堅実派。
逆を言えばあと一押しが足りないんですけどね…
今回は主戦蛯名騎手に先約があり、岩田騎手が代打騎乗。
ガシガシ追って新味を引き出して欲しいものです。

久保田師「予定のレースは今週ですから、それなりにスピードを求めてしっかりと動かしたいと思っていました。ウチの助手の伊坂を背にしてポリトラックで追い切りを行いました。前2頭を見ながら後方より進め、直線で外から一気に伸ばすような形。伸び脚はまずまずでしたし、もちろん反応もできていましたから、悪くない走りだったなと思えましたね。本数を重ねるたびに少しずつ良化が見られますし、何とか態勢は整ったかなという印象を受けます。岩田ジョッキーに乗ってもらいますから新味を引き出してもらいたいという思いもありますが、真っ向勝負だと分が悪いのはあるかもしれません。そのあたりは展開や枠などを見て考えてもらいながら良さを引き出してもらえれば理想的でしょうね。何とか前走の悪くなかった競馬に続いて、今回も内容のある走りを見せてほしいと思っています」

セルバンテス(20150725)

続いて京都8Rに出走するヴィッセン。
休み明けの前走は絶好の手応えで直線を迎えるも馬群に包まれてしまう残念な競馬。
勝ったブチコには大きく水を開けられましたが、スムーズであれば2着争いには加われていたはず。
とはいえ、課題であったスタートを特訓の成果で克服できたのは大きな収穫。
最終追い切りは後れを取ったものの相手は重賞2着の実力馬。
叩き良化型の馬らしく定石通り、調子を上げてきた印象です。
スタートと状態面の良化で自然と力が入ります。
加えて、今回の鞍上は3走前に勝利に導いてくれたデムーロ。
絶好調の鞍上の手腕で混戦を突き抜けて欲しいものです。

石坂師「昨日(3日)、坂路で追い切りを行いました。自厩舎のバンドワゴンと併せましたが、相手は攻め掛けするタイプなので見劣るのは仕方ありませんし、この馬自身はしっかり動けていたので遅れは気にしなくて良いでしょう。少しでも距離の長い番組を求めて今回のダート1900mをデムーロ騎手で出走することにしましたが、3走前に騎乗して結果を出してくれた相性の良い騎手でもありますし、年明けの競馬をひと叩きして状態がグッと上向いていることを考えれば十分期待が持てますね」

ヴィッセン(201505251)

2016年初白星の予感結構してきました(笑)





出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する