スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストインパクト ドバイへ

中山記念惜敗の後、経過が観察されていたラストインパクト。
幸い大きなダメージもなかったことから次走が決定しました。

ドバイ・シーマ・クラシック (GⅠ) 芝2410m

遂に英断が下されました。
やはりドバイへ行くんですね!

しかも鞍上には昨夏大ブレイクをしたモレイラ騎手を迎えるようです。
さすが世界の角居の手腕と言ったところでしょうか。

角居調教師「レース後、どれだけダメージが見られるか経過を見ていましたが、今のところ状態は変わりありません。転厩初戦でしたし、どの様な競馬をしてくれるか楽しみにしていましたが、結果的に1800mでは距離が足りない感じがあったものの、手応えを感じるレースをしてくれたと思っています。あれぐらいの位置で競馬をしないことには、海外競馬ではさすがに勝負になりませんし、好位で競馬をしてどこまで対応出来るか試してみました。思いのほかスッと良い位置に取り付けることが出来ましたし、最後は決め手勝負に負けてしまったものの、次走に繋がる競馬は出来ました。今回の競馬を見る限り、海外でも十分通用する力を持っている馬だと改めて実感いたしましたし、ドバイ・メイダン競馬場で行われる「ドバイ・シーマ・クラシック」の招待状が先週届きましたので受諾し、海外挑戦をしたいと思います。鞍上については現在香港で騎乗しているモレイラ騎手で調整を行っていますので、正式に決まり次第ご連絡させていただきます」

中山記念の先行策もドバイでのレースを見越しての作戦であったようです。
“さすが”の一言ですね。

いよいよ愛馬初の海外GI挑戦。
今から胸の高鳴りが止まりません。







出資馬検討に欠かせないバイブルです‼︎パーフェクト種牡馬辞典2015-2016(競馬主義別冊)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へfollow us in feedly
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。